真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

こば きょうこ

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW vol.1
GW突入前にエライことになってしまった。
いつもなら引き当てるはずのない、PTA役員の「当り」を
引き当ててしまった・・。こういうくじ運は「いい」はず
だったのに・・。まだ厄が払いきれてないのだろうか?
次の仕事を企画していた矢先だけに、一気にダウンモード…。

せっかくのGWにそれじゃもったいないから、思い切って
息子とおんじのデートに割り込んだ。息子は前々からGWは
門司港に行くと決めていたらしい。もう何度も行ったのに、
やっぱり好きなんだ。まあ、テッチャンJr.の血はゲームに
鎖されてなかったんだと、妙に安心したりして。
(門司港には九州鉄道博物館があり、3歳頃から何度となく
遊びに行っている)
JR特急・青のつばめに乗って、旅気分も一気に盛り上がる。
JRao

今日は下関まで渡るのだ!と、益々二人で盛り上がっている。
もう桜も散って暖かいはずなのに、海風が強くまだ肌寒い位。
白波が立っている。が、難無く唐戸まで渡って、わかった。
息子の目当ては寿司一直線。以前連れて行ってもらった時の
あの味が忘れられないらしい。
(この舌の記憶力と食い意地、ああ、親子や・・。)

今回はおんじのススメで、市場のほうで寿司を頂くことに。
と、驚いた!これはこれは。魚市場の中はまんま、寿司屋台
状態。ここで好きなのを選んで、外の港沿いの芝生で食べる
というのがスタイルみたい。いいね、これ!
(下関市唐戸市場・下関港カモンワーフ隣の魚市)

回らない寿司で、値段がわかる寿司で、活きてる寿司が
私のチョイスで10貫900円、どーだ!ってかんじ。
と思いきや、息子のやつは高級ネタをどれも2貫ずつ
取ってきて、目が星になっている。こっちの目は飛び出る
とこだったぞ、ったく。私の倍の値段じゃん。
「ちがうよ、1個ずつお母さんとおじいちゃんと交換しよう
と思って・・」などと言いながら、ちゃっかりウニもトロも
2貫食べてんじゃねーか!(ちなみに私はどちらもあまり
好きでない。安い好みで親孝行な子供だった。)
許して、おじいちゃん…。甘くとけるエンガワをいただき
ながら、罪の意識を飲み込んでしまった。
(市場の撮影は遠慮しました。寿司も食べ終わって撮り忘れに
気づくほどおいしかったのでした、失敬。)
スポンサーサイト


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mayopan.blog43.fc2.com/tb.php/92-2702ce72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。