真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

こば きょうこ

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイジ
haiji

今日の講習はハイジ。(白パン)
本の中でも、一番基本的なパンの作り方でご紹介した
メニューだ。ご覧になって作って下さった読者の方々の間では
「お尻パン」とも呼ばれていた。(昔給食にもあった。懐かしい~。)
この二山の形、「ピストレ」といいます。

その白いすべすべの肌触り、ぷっくり膨らんだ形、
赤ちゃんのお尻そのもの。天花粉(って今言わないし、使わないけど)
を叩くように、化粧粉もうっすらと。
生地は調理パンなので、あともうひと焼きして100%焼成って感じで
白く焼き上げる。(だから粉も薄くね)
(画像は即食べる用に完全に火を通したので狐色に上がってます。)
何かを挟んだり塗ったりすることを考えて、パンそのものの味は
あまり主張しないように配合。よく噛めば小麦のおいしさがじわじわ
広がっていく、そんなパンにしたかった。(だから最強力粉を配合)

なんて話をしながら、いい香りがしてきた。
イーストの種類を変えて2種類同じものを作って、食べ比べもした。
なるほど発酵から様子がちがう。私たちも欧米人と日本人じゃ
消化器から体格から違うんだから、当然といえば当然だけど、
並べてみると改めてハッキリとわかる。味も食感もハッキリちがう。
(優劣ではなく、これは好みで選別、になるよね。)

今日はカフェ関係の方々がいらして、話題もいつもよりすこし専門的?
になって、楽しい講習になった。食の話・職の話、お客さんとしてだと
表の面しか見えてないけど、閉店後も休日も仕込みをされる方々の視点
からお話を覗えるのは、とてもありがたいことだ。
少しずつでも、ショクの輪を広げる場としてお役に立てたなら
ウレシイこと、この上なし!
お越し下さってありがとうございました、来月も楽しみです。
スポンサーサイト


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mayopan.blog43.fc2.com/tb.php/90-729da186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。