真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

こば きょうこ

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

れんげ
先週は「お片づけ週間」でちょっと疲れた。
クリーニングに衣替え・要らなくなった本、資料・
ついでに軽く模様替え・録りだめたDVDの整理。
まだちょっと残っているが、やっと整理がついた。
と、すっきりしたと思った矢先、2月下旬並の花冷え…。
カーデガン、残しておいてよかった。

田んぼもそろそろ衣替えの頃だろう。将棋教室の帰り道
いつもきれいだった蓮華、来週は耕されているだろうか。
renge

昨年の稲作参加で、稲刈りのあと人手によって蓮華が撒かれ
田んぼの栄養になっていると初めて知って、改めて見ると
(マメ科の植物は種子が栄養豊富なので、土のいい肥やしに
なるんだそうだ。)
そうだ、一枚一枚れんげの咲く田んぼと緑のままの田んぼが
あるのは人手で撒かれているからかー、なんて妙に納得する。
雑草なら、種はどこにでも飛んで花開くだろうから。
春のひと時、桜とともに私たちの目も心も安らげ楽しませて
くれて、静かに土に戻って米に生まれ変わって、再び私たちの
命をつないでくれる糧になる。ありがとう、ただただ感謝のみ。
自分の家のことばかりで必死な人間とは、スケールが違うんだね。

水谷先生は「私は子供を殴れない。子供はみんな花の種だと
思うから、慈しみ育てて時期がくれば必ず花開く。芽が出ない
まま枯れるのは、大人が踏みにじったり腐らせたりするからだ。」
と、おっしゃった。"私じゃないもん"という態度の大人たちに
鋭い視線を向け、頷いて聞いていた中高生に優しく微笑みながら。
スポンサーサイト


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mayopan.blog43.fc2.com/tb.php/86-81dfefe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。