真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

こば きょうこ

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらさく
sakura22

春休みに、桜を見に軽く遠出した。
20℃近い暖かさで、花見にはうってつけだ。
(と思ったら初夏並の暑さがきて、暴風雨で
今は寒波。この気候はつくづくやばいと思う。)

陶花さんへ空のパンをいただきに上がる途中が
まず桜のトンネル。きれいだなあ・・。
席が空くまでしばしギャラリーと外の桜を眺めて
待つ。あまりにきれいな桜なので撮りたくなる。
sakura1

いつもお客様が絶えないここ、カウンターで
邪魔にならないようお話しながら、サンドイッチを
いただいた。と、息子が「歯が・・」、見たら前歯が
直角に横を向いている。食べてる途中でとれるよ
となだめてみても、気になって仕方がない息子。
(まさかここで私が無理にひっこぬいて、血を流す
わけにはいかんのでね。)

「あ、とれた!」・・・ああ、ここで歯が抜けた客も珍しい。
小さな小さな2番目の前歯。うちには軒下がないので、
陶花さんの階段下へ・・いいですか?
笑いながら「いいですよー」とおっしゃるオーナー、
相変わらず寛容だ。きっといい歯が生えると思います。
みせてみせて、と言うスタッフに「ニィー」と得意げな
息子。かわいー!と携帯にまで撮ってもらっている。
(あまりの出来事に、私は撮り忘れてしまった・・。)

帰り道飯塚方面まで201号線を抜けていったら
桜と菜の花が、かわるがわる景色を春に塗り替えている。
いい花見だ。陽だまりの午後に、
また忘れがたいエピソードもひとつふえた。
新しい歯が生えたらまた来よう
スポンサーサイト


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mayopan.blog43.fc2.com/tb.php/78-011c4ebc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。