真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

こば きょうこ

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野外でパン作り
昨年になるが、小学校の春休み行事に参加した。
あいにくの雨と寒さで、野外BBQはかなり寒かったが
知らないお子さんや、お母さんたちともふれあえた、
楽しい企画だった。

寒さや泥濘もそっちのけで、元気に遊ぶ子供たち。
座ってしゃべっているだけでは、震えるほど寒い。
子供たちの中にも入ってみる。
こういう遊びの場が、ほんとに少なくなったね。
ごめんね、大人たちのせいで。

毎日何かを探しに、夕暮れまで遊んだ幼い頃を
思い出すと、なんだか申し訳ない気持ちでいっぱい
になる。ほんの20年程前まで、夢とか慰めとか希望の種とか
みんな地面に落ちてたのを、一つ一つ拾って、
私らは大きくなったんだけどな・・。

makimaki

一通り腹ごなしが終わって、野外恒例の「竹巻パン」
のガイドがあった。おお、楽しそう!
パンの生地は作ってあったが、コルネみたいに、
竹にまきまき・炭火でじわーっと焼いていく。
この時の子供達の顔が好きだ。目の中に星が宿る。
(お子さんの表情を公開できないのが残念です)
makimaki2

パン屋さんのみたいに狐色には焼きあがらないけど、
香ばしいかおりが辺り一面を覆い尽くした。
どうだ、このポーズ。自分で作ったものは美味しいよな!
こんな企画を私もやっていきたいと、切に思う。
スポンサーサイト


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mayopan.blog43.fc2.com/tb.php/73-03a08a86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。