真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

こば きょうこ

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CUOCAをお訪ね
昨年OPENしてから、どんな品揃えだろう、
行きたいなーとずっと思っていた。
なかなか場所を確認できず、すぐに見つかる
だろうとたかをくくってて(何のための
ネットなんだか、事前に検索もせずに
相変わらずハナで探そうとする・・)
結局現地で聞きながら、1度は時間切れで
あきらめた。

今泉の裏通りにイルムスやレストランと併設して
すてきなゾーンができていた。ある意味、これは
わからんかもよ。ここに食材屋があるとは思わん
でしょ、初めての人は。どこのお金持ちの玄関か?
と思ったりして・・。

子供が遊べそうな中庭なんかもあって、手作りが
好きそうな人が絶えず出入りしていた。
粉の種類はなるほど、外麦から国産まで幅広い。
蛋白や灰分の%も明記されてるから、選びやすい。
ただやっぱ、安くはない。
それでも国産のものが品薄に並んでいるのが、
今を物語っててなんだかほっとする。来る客も
選球眼が肥えた人たちが多いだろうし。
(残念ながらオーガニック・無農薬っていうのは
ないが)

一通り見て回って、最初から気になっていた
入り口のショコラルームをのぞく。
寒い、すぐに手が氷のように冷たくなる。
昨年食材の展示会に行ったとき、あの戦争のせい
でオリーブとカカオが高騰すると聞いた。
オリーブオイルはまもなく小売で500円/L近く
値上がりした。ったく戦争なんか、なんでする?
(でも日本も賛成したんだよね、なんでだよ?私絶対
反対だったのに。この国でこの声どうすれば届くの?)
カカオもきっと仕入れに四苦八苦されてるだろう。
やり放題に壊したもの、消し去ったもの、いったい
どうやって元にもどしてくれるんだよ?

面白い品物を見つけた。これはCUOCAならではじゃないか。
各社のオリジナルを、カカオの含有%ごとに8個並べて
ある。1つホワイトチョコもある<=これは息子行き。
同じ%で各社を食べ比べってのが本来かもしれないが、
ま、いろいろ食べられる贅沢が味わえるんだから、いい。
遅ればせながら、自分にホワイトデー♪とか言い訳して
ひとつ買ってみる。2007レポートなんてのも付いてくる。
cuoca

ダーク系が好きなので、50%以上のものをかじってみた。
おいしいと思ったのは、66%ペックのアメールオールと
72%ヴァローナのアラグアニ。口溶けが抜群にちがう。
こういうのをいただけると、4gのプレートで充分満足感
が得られるもんね。安物をバクバク食べるよりもずっと
体にもいいんでない?
http://choco.cuoca.com
昔は貴重な薬として扱われていたチョコレート。もうやめて
1年以上経ち、量こそ食べなくなったが、この一口の誘惑には
抗いがたい。どうぞ食べすぎ食べさせすぎにはご用心を。
チョコでは絶対やせませんから。

クリスマスに行ったHTBのチョコレートの滝を思い出す。
実はあれ、味はない。(ごめんなさい!「さわるべからず」
と、チョコレートの滝の横に書いてあった。息子が
"チャーリーとチョコレート工場"を見て「あんなんない
よね?」というので、「あるよ」と連れてったのだ。
夢は大事にしたい。)また今年も行こうな。


スポンサーサイト


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mayopan.blog43.fc2.com/tb.php/67-a489a476
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。