真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

こば きょうこ

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極の質問
kone

「よく、料理やお菓子作りのコツは『愛情込めて』とかって
言われますが、愛情ってどうやって込めればいいんですか?」
・・・無記名のこの質問に、しばし金縛り状態。
(ええっと、まず、こう一点に集中してチャクラを練り上げ・・
っじゃなくてさ、・・これ書いたの、サイ?
        :サイ=ナルトの登場人物です)
・・・究極の質問だ、これは。

そうだよね、味も形もハッキリしてない「もの」を
いつどこで何gいれればいいか、なんて
どんなすごい本にもレシピにも書いてないもんね。

いろんな「もの」を作ってみてわかったこと、
私の場合、殆どはパンが教えてくれた。
とりあえず、誰かのために作ってみて、
まあ、どうもうまく作れなくて、ガクっとくる。
(うまくできたら万歳三唱。)
その時、その裏にある気持ちを突き詰めてみたら
どっちに転んでも、根本は同じ、
「自分が作ったおいしいものを、食べてもらいたい。
そして心も体も満たされてほしい。」

この気持ちが上手く一枚に乗っかって、差し出した人の
心に届いたとき、初めて相手に喜んでもらえて、
「気持ちがこもってるよ」って感じてもらえる。
お互いが認め合えたその時、同じように自分にも
至福の喜びが押し寄せて、幸せな空間が広がって・・・、
だから作るの、やめられなくなるんだと思う、多分。
心身ともにフル回転させて、作り続けてるうちに
こだわりが生まれ、技が磨かれる。
それが積み重なって、やがて本物のオリジナルが
できあがっていくんだろうな、自分が這った跡に。

言葉や思いと同じで、100%まんまを伝えるのは
とても、とても、それは簡単ではないんだけど、
まずはやってみなきゃ、始まらない。始まらなかった。
・・そうホイホイ作れるものでもないんですがね、これが。
(なんせ、チャクラが・・・、ってしつこいか☆)

スポンサーサイト


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mayopan.blog43.fc2.com/tb.php/64-31b3119d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。