真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

こば きょうこ

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カノヤードへ再び
久々の休日。天気はよく仕事もなく、引きこもっておくのは
もったいないから久々に遠出。昨秋からご無沙汰していた、
カノヤードさんを尋ねることにした。お土産に前からお約束
していた、自家製あんの「さくら」と、もう二、三遊んで
ごまあんロールとクリームロールを焼く。
(カスタードがいまいちだったが…)
kurume4


雑貨のお店と石鹸作りでお忙しいTさんだが、今日は店休日。
お休みにご一緒にランチできるなんて、ラッキーだ。
作家さんが多くすむ、この田主丸が好きというTさん、いつも
素敵な場所にご案内してくださる。ありがとうございます。
果樹園を抜けると山の緑がぐっと近寄ってくる。
段々畑を横に這うように進むと、いつのまにか視界が上がって
いい見晴らし。肋骨全開で空気をいっぱい吸いたくなる。

前回柿の季節には「ぶどうの種」という素敵なお食事処に
ご案内くださった。今回はもうすっかり春。木々の芽吹きが
少し急かされて焦り気味。まだ2月だもんねえ…。
あれは桜だろうか?梅にしては花びらが開きすぎなかんじ。
今年は入学式の頃、桜の花、残っているんだろうか?

kurume1

ちょっとヨーロッパの田舎の方にきたような雰囲気の建物が
見えた。草木に囲まれた白い壁とレンガのエントランス。
すてきじゃーん!ウエディングもできるというレストラン
「GREEN HILL」。阿蘇神社のすぐ上の方にある。
店内はとても開放的。勾配天井がいい。白壁と木の床がいい。
調度品もいい。景色もいい。スタッフの笑顔がまたいい。
GREEN HILL:
福岡県浮羽郡田主丸町地徳3069-1
tel 0943-72-3134 10:00-18:00open
http://www.g-hill.com

kurume3

イカのパスタランチを頼んでみた。前菜からひとつひとつ
差し出される。さすがウエディングもされているだけあって
ゆっくりした時間とともに料理をサービスしてくれる。
今日は自分へのボーナス。こんな時でないと、上げ膳据え膳
なんてされることないもんね。いただきまーす!
こちらもフレッシュで自然な味を大切にするお店のようだ。
パンはシェ・サガラのかな?くるみパン、もう1つ食べたい。
デザートはTさんのブログにUPされているので、
こちらをご覧ください。↓
http://blog.kanoyard.com/
こんな雰囲気だから話も弾む。仕事のこと・子供のこと・
ブログのこと・これからのこと…。物を作る方とお話するのは、
本当に楽しい。もちろんナルトの話も盛り上がる。
ああ、疾風伝の2話…みたかった。
(私だけだったかな?失礼しました。)

話もお腹も落ちついて、さっきから気になっていた2Fの
屋根裏を案内していただいた。雑貨のお取り扱いもされている。
それにしてもさりげなく凝った造りだ。どこにいても全体の
空間を感じさせてくれる。けど、だだっ広さはない。
きっと設計の時から、こだわってこだわって造ったんだろうな。
お店の中も外もゆっくり回って、また腰掛けたくなる、
そんな雰囲気。ああ、あと1時間早くくればよかったなあ・・。

お店の方の笑顔に見送られて、帰路に着く。
楽しい時間はほんの一時だけど、どんな人にも人生に必要な
エッセンスだと思う。大切にしたい。
ねえ、綱君。(カノヤードの番頭さん、温厚でかわいーってば!)
tuna

スポンサーサイト


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mayopan.blog43.fc2.com/tb.php/63-1655a7b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。