真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

こば きょうこ

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「がばい」会話
やっと確定申告が一段落して、店の一角でお茶を飲んでいた。
近くのおばさん二人の会話、ボリュームが高いので小耳に挟まってくる。
「”・・・、がばいばあちゃん”てさ、本も売れてからさ、だいたい
いくら儲かったんやろか?」(ピキッ!タイムリーすぎ・・)
「何もせんでがっぽがっぽ入ってくりゃ、イイネエー」
(バッキャロー、身を削る作業だぞ!しかもハイリスクだぞ!!・・・)
「あれも始めは自費出版やったろ?」
(ほんとかぁ?だいたい本は見たのか、読んだのか?・・)
「最初はぜんぜん売れんで、あーだこーだ・・、それがまー、武雄市が
TVにでるけんてえらい力の入れようで、んま、夕張の二の舞に
ならんがいいがねえー、ヒャヒャヒャ・・・」
(?意味不明??どんなつながりよ?ってか笑うなよ、そこで。・・)

…耳をふさぎたくなるような、下世話な会話。
せめてもすこし、小さい声で話してくれないかな、お二人様。
本越しに思いっきりキツイ視線を送って、せめてもの抵抗と
してみたが、鋼の神経のお二人様、気づくはずもなし。
こんなのでイラつくなんて、あたしもアレが近いかな。やれやれ。

こうやって文字にすると改めて、何と無神経な言葉を連ねて
ガサガサな会話を無意識に振りまいていることだろう。
会話をサンドペーパーみたいにこすり合わせているよう・・。
これって問題発言じゃなく「美しい国・平和の国日本」の
陽だまりの午後の会話だ。
(またそれに同レベルでツッコミ入れてる、私の心うちだ。)

こんなのを、まだ幼い子に、多感な若者に、言い返せない
弱い立場の人に、喧々と投げつけているんだなあ、私たち。
ガサガサの意識もなく、まき散らかした言葉の後始末もつけないで…。

昔、年寄は知恵の優しさの象徴として大切にされてきた。
その存在は小さく、静かで、穏やかだった。
これからますます高齢化になっていく中で、私たちは
このまま町にまかり通っている"お年寄り"を"大切に"って
思えるんだろうか。子供たち、孫たちはどうだろうか。
ご当人等、せめてもう少しまともなコトバで、食後は
せせら笑いじゃなくて、にっこり「ご馳走様」くらい言って
みせてくれよ。近頃のワカモンの前でさ。
(すみません、私ワカモンではありませんでした。)
これも後数十年後の自分らの鏡、ってか。反省しよ・・。
スポンサーサイト


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mayopan.blog43.fc2.com/tb.php/55-b591d009
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。