真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

こば きょうこ

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jr.お菓子の講座
子供たちの作品2.jpg

昨年、地元で受け持ったJr.お菓子講座(小学高学年)の一環で、
春に発表会があった。
市販のお菓子を使って、「可笑しなお菓子ワールド」を展示した。
本当は素材から作れればよかったのだが、組み立てだけで4時間。
最後には「足がボーやん~!」と疲れ果てていたけど、
みんな、よくあれだけ集中してがんばったよね、えらいぞ!
子供たちの作品.jpg

当初は、初めて子供だけの講座をもって、改めて子供たちの
体験不足を目の当たりにし、とまどったものだったが・・。
へらの持ち方=鉛筆もち
洗い物の仕方=流れないほど泡だらけ
ガスの点火=怖がって触れない
缶きり=てこの原理がわからない(今はパッ缶式だから、だって)
何よりも、黙って来て黙って帰る
それはないだろ。お前ら何年生だよー…。
(まさに学校は地域の縮図だ。)

でも、私は学校の先生ではない。これは授業でもない。
私は親じゃない。
気になる諸々をかみ殺して、まずは興味を引き出そうと、
やたらテンションがあがる。
側に行って一人一人、目を見て話をする。
個性は違っても、みんな目の前のお菓子に夢中だ。
最後に「これだけは守ってね」という約束をして解散。
いつもより疲れた。大丈夫かな?あたしのやり方。

でも最後のアンケートには、うれしい言葉がいっぱいだった。
「おいしかった、また作りたい」「みんなで作って楽しかった」
「いろいろなことを教えてくれた」「家でもまた作ろうと思った」
「Jr.お菓子講座にきてよかった」「わからないことを教えてくれた」
「先生の言ったことはお菓子以外でも役にたった」
「先生にほめられてとてもうれしかった。」
「私もお菓子を作るとき食べるときはおかしく笑いたい」
・・先生なんて呼ぶなよ。
こっちこそ教わること、いっぱいだったんだから。

改めて思い直す。
子は親の鏡。大人の鑑。反省しよう。
スポンサーサイト


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mayopan.blog43.fc2.com/tb.php/45-f4e97c4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。