真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

こば きょうこ

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クープ10年・・?
と、言ってもパン作ってまだ10年も経ないやつが
こんなこという資格もないんだが・・。
以前、ある先生からいわれたお言葉だが、パン屋では
そんなにかかったら仕事にならんでしょ!と笑われた。
(伸ばし10年、麺棒10年ともいわれたっけ・・。
その講習会でのパン作りは桃栗超えて、梨並ってことか?)

その昔、パン屋さんで最後に作らせていただいたバゲット 。
大好きだった仕事を辞めなきゃならなくなって、
「その前にどうか1回バゲットを作らせてください、
作った分は 買い取るので」
というパートごときのわがままを聞いてくださった Iさん、
今でもご一緒にお仕事できたこと、ほんとに感謝してます。
1作目はクープの長さが違い、
2作目はクープがねじれて 途中から横向のバゲットになり、
3作目はどこか1つ閉じたままだったり。
ようやく形になったバゲットを、仕事が終わって
更衣室で パチリ。(畳背景なのはそのせい)
Iさんが片目つぶってやってるように見えたその作業も、
「ほんとは話し掛けないでほしい」
という位集中してたことなど、露知らずだった私。

bagget3

先日の講習で「クープが難しいから、プチは作ってない」との
感想をいただき、私の中では一番簡単に作れるメニューだったので
ちとショックを受けつつ、「練習練習!」と書き添えながら、
かつての自分を思い出した。

こればっかりは理屈抜きで、手の感覚が覚えないと説明できない。
生地のはり・ゆるみとか、発酵の勢いとかパンのメとか、
刃が触ったとき、手が無意識に反応してスーッと引いてくれないと。
やり直しが効かないから、その時は無心でないといけないし、
パンが長ければ長いほど難しい。でもやればできる。

クープがちゃんと割れるためには、蒸気や釜の温度、下火の効かせ方
も大事。(売れるパン屋にはフランスパン専用釜がある程なんだから。)
結局パン作りは始めから終わりまで、ちゃんとつながって初めて、
1つのパンがちゃんとできるってことだね。
フランスパン侮れず!
(その夜、この1本を難なく平らげる・・。出来たて命!だもん。)
スポンサーサイト


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mayopan.blog43.fc2.com/tb.php/27-42f09d7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。