真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月のパン講習
今月の自宅講習はカイザーゼンメル。
以前から作りたい・伝えたいと思っていた、ドイツの食事パン。
福岡の『本場ソーセージのお店・ゲーテハウス』の
ゼンメルサンドは以前大好きで、近くに用事があれば
足を伸ばしてよく買いにいった。
zenmel

パンを教わっている頃には、ゼンメル専用の型押しなども
使って、間違いなく、らしく作れるようにと購入を勧められたが
それにしか使えない道具は、家庭の手作りに向かないので
講師とやらを目指しながら、ここでも「いらないものは買わない」
私流を通した。(当然先生方から冷たい視線は浴びるが、ね。)
だって型に1000円かけるならおいしい粉買ったほうが、よくない?
というわけで、私の場合はうちにあるものでこのような出来上がり。

西日本新聞に時折連載されているコラム、詩人の四元 康祐さんの
「世界のまなざし(ドイツ発)」の中に、朝食にはゼンメルにたっぷり
バターがドイツ流で、とにかくパンが新鮮でおいしく、この素朴な
味わいを世紀を超えて勤勉に黙々と継がれているドイツのことを
切々と書いてくださってた記事があり、
「いつかゼンメルやるときには、皆さんに読んでもらおう」と
大切にとっておいた。今日やっと公開です。
(ご参加下った皆様、ご感想はいががでしたでしょう?)

それより、いつものカノヤードさんのお茶石鹸!に
皆様心奪われてたようです。「芸術の秋」!だもんね。
この手作りの芸術品、即完売状態!デシタ。
いつもながら、カノヤードさん、ありがとうございました
スポンサーサイト


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mayopan.blog43.fc2.com/tb.php/260-36e6354e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。