真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ぼくたちはいつまでも」
夏休みの課題図書を探しに本屋に行った。
以前TVの子育て番組で、「子供にどう本を読ませるか?」
なんてことを話していたが、何のことはない、面白ければ
子供は(というか人は)けしかけられなくてもやるもんだと思う。
そのちょっとしたガイド役が、大人の役割なんだが、
自分は活字もろくに読まない大人が、いくら子供に本を読め
と言っても無理な話だし、子供は本当によく親を見ていて
親と同じことをするものだ。
(新聞すら読まない大人も多いんだから。)

まず大人が(自分が)読まんと、でしょ。
そして面白かったよーと渡すほうが、息子も
抵抗なく入れて、どこが?ここが。どうして?これこれで。
なんて会話も成り立つってもんでしょ。
(入れん場合もあるけど、それはそれでいいし。)

で、5冊一通り見て挿絵も物語りも「息子にもみてほしいな」
と思うこの1冊を、夏休みのプレゼントとすることにした。
課題は別にしているので、宿題のためではなく
純粋に物語を感じてほしい、そう思って贈った。

ぼくたちは、いつまでも (草炎社フレッシュぶんこ 7)ぼくたちは、いつまでも (草炎社フレッシュぶんこ 7)
(2007/08)
関谷 ただし

商品詳細を見る

息子の好きなダジャレ本シリーズではなかったので
最初はたいしてうれしそうでもなかったが、2,3日あとに
もう3回読んだ、と言った。そして「ありがとう」とも。
読み進めていると悲しくなるので学校には持っていかない、
という。いまだにベット脇に置いてあるのを見ると、
ああ、プレゼントしてよかったな、と思う。
いい本はずっと側においていてほしい。
スポンサーサイト


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mayopan.blog43.fc2.com/tb.php/248-e7b195f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。