真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米粉パン
最近の小麦の高騰で、新聞でも米粉のパンのことが
ちょくちょく取り上げられている。
で、地元産米粉パンの講習があったので参加した。
komep

後で焼いてみた米粉パン、焼きたてはもちろん普通のパン
のようにふっくらと焼きあがっているが、お米のでんぷんらしく
冷めると多少ざらつきがあって、食後感がずしりと重い。
これはいわゆるイーストパンの感覚でパクパク食べると
後で動けなくなりそう。朝食のスタミナ元としては、確かに「あり」だ。

ただ、その原料の高価さは、まだ日常用にはちょっと程遠い。
小麦が値上がりしたとってもパン用米粉は小売ではその倍はする。
加えて上新粉とは違い、グルテンを添加したり加工度が高い。
(高価格もそのせいだろう。)
結局消費者としては、毎日のこととなれば家計のやりくりが優先され
「買ったほうがまし」「小麦のパンでいい」となってしまうのでは・・?
よほど「地産地消」「食物自給率UP」とかを個人の責任として意識
してないと・・。(だが、そんなエライ主婦は数多くはいないと思う。)
やっぱ宮崎県のように、給食に導入する等々、消費につなげるには
個人の前に大きいところの支援がまず必要に思える。

にわかに米は米、小麦は小麦で食べても別にいいんじゃないか
とも思えてくる。
うちでは、米は主食として自前の玄米をしっかり食べて、
まあ、作りたくなったら必要に応じてまた作るとしよう。
スポンサーサイト


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mayopan.blog43.fc2.com/tb.php/244-7ac4f38f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。