真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

こば きょうこ

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夏に野外でパンを焼く」
今年の8月の講習は、初の野外企画。
ダッチオーブンは持っていないのだが、
実家からさらってきた無水鍋と、古市で手に入れた
ルクルーゼを使って、カンパーニュを焼くことにした。
(私も正直、自分で炭を熾すのは中学生以来になるが
何とかなるだろと気楽に思っていた)

篠栗の山の上にいい場所をみつけ、連日の涼風で
気をよくしていたのだが、当日はなんだか久々に
蒸し暑い日になってしまった。しかも風が強い・・。
既に5台あるレンガの竈門は残り一台ギリギリセーフで、
すでにあちこちから笑い声とBBQの香り。
ご同行くださったメンバーの旦那様が火熾しをご指南
くださり、パンも野菜も無事焼くことができた。
Uさんご一家のご協力、本当にありがとうございました。

実際簡単に考えていたが、設備を一通り移して焼くのは
やっぱり練習が必要だなと、少々反省。
それでも皆様、うきはで仕入れた無農薬野菜と
その場で絞ったカボスジュース、(お子様に大好評で)
それに焦げながらも焼きたての大型カンパーニュを
楽しんでくださったようで、一安心。
次回はもう少し段取りよく、火加減も扱えるようになっておきたい。

yagai
野外の様子を写真に残すのも忘れていたので、
うちで再度ガスで焼いてみた「無水鍋のカンパーニュ」。
モチモチの食感は国産小麦ならでは。
スポンサーサイト


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mayopan.blog43.fc2.com/tb.php/243-f1667384
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。