真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

こば きょうこ

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タバコ
(このエッセイ、どうしても伝えたかった人がいて、
本に載せたかったのだが「パンに関係ないし、説教くさくて」
と一蹴された。無念・・。でも最近、子供と一緒の車の中で
一服してる親御さん、よく見かける。喫煙者も肩身がせまいんだ。
やめたいけどやめられない、そんなあなたに捧げます。)

「一本のタバコを吸うと、肺が元のきれいな状態に戻るのに1年かかる」
以前、新聞を読んでいたらそんな事が書いてあった。
その昔、自ら煙にまみれていた私の肺は、
もう、残りの人生では元に戻らないってことか・・。
そういえば忙しかった日の帰り道、未だに年に1度位、
車の中でふっと1本くわえたくなる瞬間、あるもんなあ。
やめてからもう十数年経つというのに・・。
ニコチン中毒はオソロシイ!

先日OPENしたお店の料理人とお話したとき、
かすかにタバコの臭いがした。
ひそかにガッカリした。
美しく盛った料理も、なんとなく平べったい味に思えた。

ありとあらゆる言い訳を排して、禁煙もまた
「やるかやらないか」だと思う。
(できると思うよ、私みたいな奴ができたんだもん。)
親ならば、家族のために
プロならば、お客様のために
大人ならば、子供達のために
子供は、自分のために(・・未来の子のために)
とりあえずその1本はポケットにしまって、
パンでも焼いてみませんか?

パンを作り、子を生んで育てる今でこそ、
あの時やめててよかったと、心から思う。
自分の五感と健康とお金を、あれ以上
ニコチンですり減らさなくてよかったと、
ホントに思う。

今日の日めくりの脇に書いてあったっけ。
「口は病の入り口・魂の出口」
確かに。魂をケムにまいちゃ、まずいよね。
スポンサーサイト


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mayopan.blog43.fc2.com/tb.php/22-885f440d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。