真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

こば きょうこ

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッテリー、読破!
ようやく読み終えました。
実は6巻まであったなんて、即買いしたときには気づかず
5巻まで一気読みしたあと、ずいぶんやきもきした・・。
その間にTVも最終回、昨年の映画もDVDで見た。
その上で、やっぱ原作読んでよかったと思う。
続編の「ラストイニング」はハードカバーを買った。
(こっちは瑞垣クンが主人公でした。装丁も美しい。)

ラスト・イニングラスト・イニング
(2007/02)
あさの あつこ

商品詳細を見る


バッテリー (角川文庫)バッテリー (角川文庫)
(2003/12)
あさの あつこ

商品詳細を見る

最近はコミックがTV・映画化されることが多くなったけど
(画にしやすいんだろうな)小説や文章を忠実に映像にするのは
やっぱり難しいのだろうか?
原作を読んで映像を見ると、ちがーう!ここも違うあそこも違う・・。
大事な一言、一情景が書き換わり削られ、いつのまにか
テーマまで摩り替っている。それじゃまるで違うものに
なっちゃうじゃん・・。

原作に何より感動したのは、不器用な少年たちの「うるせえ」
の言葉の後ろに、1ページにも渡るくらい心の抑揚っていうか、
こんな感情が渦巻いて、でもうまく言葉にならなくて舌打ちする
感覚、そういうのが一人一人について丁寧に丁寧に書かれてた。
(時に書きすぎるくらい。だからいやでもしっかり伝わる)
これを知ってるだけで、いつか受けるだろう自分の子供からの
横着な態度や罵声も、多少荒っぽい玉になってもキャッチできそう
な気がする。そうそう、昔そうだったよね自分も。今でも心の中は
そうだよね、いい加減めんどくさくて、下水に流してるだけで・・。
(てめーら大人のほうこそテキトーに生きてんじゃん、って
巧達にケイベツされそうだ。後3年で息子もその年頃になるし、
それじゃやばいぞ。)
そういうところが、別の脚本では設定自体変わってたり、削られたり
するのって、原作者は平気なんだろうか?
伝えたかったことが、はき違ってたり捻じ曲がってしまってても、
黙ってみてられるんだろうか・・?

DVDでは原作者のあさのさんも登場してたようだけど、その真意も
よくわからなくて、あれは正直、うーん。。。だったなあ・・。
返却期間前に返却したのは、これが初めてかもしれない。
本の決まり文句だけが浮いてて、ちょっと見るのがつらかった。
媒体とスタッフがかわることで、まったく新しい1作品として
見なければいけないのかもしれないけど・・。
あの話を2時間の枠収めること自体に、無理があったのかな。

それでも、TV版はキャスティングがまず面白かったし
NHKらしい話だったけど、収まりきれない45分×10話の
枠の中で原作に忠実にあろうとするところもあり、父親に
新しい役割も与えられたりして、何よりミスチルの「少年」が
どんぴしゃで、よかったなあー!

梅雨時の夜を心躍らせてくれ、どうもありがとう、でした。
再放送があればまた見たいと思う。
スポンサーサイト


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mayopan.blog43.fc2.com/tb.php/215-d1ee5469
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。