真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

こば きょうこ

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハニー
(このエッセイ、編集のぎりぎりまで「載せる?載せない?」と悩まされた
1編だったが、ページ数によりあえなく次点に。ここに昇華させたい。)

ハニーを作ったときは質問攻めにあった。
初めての中種法、各々の持ってるケースの火通りの違いなど
かつて私が繰り返した失敗のときの「?」がそのまま質問になっていた
から、応えるのもそのまま体験談だった。

1ヶ月後、その中のお一人から電話がかかってきた。
「家で10回焼いて、ようやく言ってたことがわかってきました。
ああ、これなんだ!って。」
その場で手を取り合いたくなる位、嬉しくなったのを思い出す。

パンの扱い方や成形といった、表の器用さだけではなく、技のこなし方
でもなく、生きたパン生地と向き合って、同じ事を繰り返す。
ひとつひとつ丁寧に組み合って、感じ取ると見えてくる、
そういうパン作りの世界に一人一人と、つたなくもガイドできた
充実感、連帯感は、何物にも代え難い。

「百聞は一見にしかず」と言うなら、パンは「百見は一験にしかず。
ピアノの練習と一緒。いくら頭で解ろうとしても、手が動かないと
作れない。感覚が利かないと感じ取れない。
そのために繰り返し、ひたすら触って感じる。

同じ事の繰り返しは、漠然とやっていても面白くはないかもしれない。
でも、何かを捉えようと五感を研ぎ澄ましてみていると、
それまで見逃していたものに「はっ」と気づくときがある。
そのとき、何か新しい感覚が自分の中に生まれる気がする。

hanny

(ケータイからUPしてみた。ちょっと上火が強かったかな?
でも焼き上がりのハチミツの香りが、とにかくたまんない。
翌朝、息子は一山食べて行った。おいおい・・
カット面のちょっと剥れてるのは、私のつまみ食い。血は争えん・・)
スポンサーサイト


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mayopan.blog43.fc2.com/tb.php/21-ef348c7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。