真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

こば きょうこ

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出来
(このエッセイも、内容が重なるのとページ不足で選外になった1編。
ありがたくも「もっとエッセイ読みたい」とご感想を下さった皆様に
お届けします。)

「何度で何分焼けば、うちでも上手くできるのでしょうか?」
「家では思うようにはかどらず、失敗してしまいます。」
「一度にたくさん焼きたいのですが、うまくできません。」
今日はこんな感想が多かったなあ。

家で作るパンが、パン屋の棚に並ぶのみたいに全部見目麗しく、
上手に出来なくてもいいと思う。
作るパンが、日々思うように出来たり出来なかったり、味が
違ってたりして当たり前だと思う。

今の日本、世界中の食べ物を口にできるようになって、
パンの業界も急速にレベルアップして、それが当然のようになった。
仕事のパンはそれでいい。それがいい。

でも家で作るパンは、
膨らみや形がわるかったり、焼き方があまかったりしても、
そばで作る姿を見て、作ってる思いも丸ごと食べられるのが、
何よりの「美味しさ」じゃないのかな。
結果だけじゃなく、作る過程から存分に味わえるから
「おいしい!」んじゃないのかな。
「いただきます」って言葉が、そこに自然に生まれるんじゃないのかな。
なんかそう思うんだけど・・。

「お家でパン作り始めて、好きな時に好きなパンが自分の手で作れて、
家族や友達と食べられるって、なんて贅沢な事だろうと、はじめて
思いました。」
こんな感想を頂いたことがある。この上なく嬉しかった。
(今でも大事にとってある。)

一度にたくさん作るのも、常に完成度の高いパンが並ぶのも
「売るパン」になるために必要な事だ。
家庭には家庭サイズのパンの量・作り方があって、
それに辿り着いたのが、このレシピなのだ。
1℃・1分をぎすぎす守って作らなくていい。
発酵具合が変っても、それでパンの声が聞けるようになれば
それでいい。
ちょっと色黒に焼きあがっても、
それで我家のオーブンの癖がわかれば、それでいい。
自分サイズで作り始めたら、パンはもっと楽しく奥深くなって
きっとやめられないものになる。
そう思う。
スポンサーサイト


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mayopan.blog43.fc2.com/tb.php/19-b07be0d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。