真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

こば きょうこ

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄粉の酵母パン
4月から小麦が3割も高くなる・・。
パンキチには絶句するくらい酷な宣告だか、
オーストラリアの干ばつの様子などを見ていると
ただ事じゃないなあ・・、今までが安すぎたのかもなあ・・
改めていろいろ見直し、考え直す機会になるのかも。

昨年製粉した自家製小麦もそろそろ最後の一袋になった。
それで焼いたはと麦黄粉の酵母パン。
kinakoP

卸価格ではすでに国産小麦のほうが安くなっているところもあるようで。
この値上げを機に、国産小麦が主流になって空いてる田んぼが少しずつ
復活するようになれば、それはそれで日本の農業がいい流れに向かうのかも
しれんし。(だから、頼むから便乗値上げだけはやめてくれよ。)

確かに外麦を使うようによく立ち上がって、軽くてふわふわのパンに仕上げる
のは難しい。(単に腕不足なだけかも?まだまだ努力せねば!)
それでも、それがよさとして、国産の味として、人々の舌に乗っかってくれれば、
「もうパンは焼けない」なんてことは、誰も言わなくてすむのかもしれんし。

外麦がいづれ手が届かないほどの高級品になって、国産小麦が主流になれば、
否が応でも「そこにあるものをいただく」身の丈にあった食べ方を、
誰もが受け入れて、各々でもっといろいろ工夫するようになるのかもしれんし。

自分の国で作れるものを、いつまでも経済的という断面だけで外国に甘えるのは、
結局自立できずに自滅する道を選ぶようなものかもしれんし。

なんか、今日は小麦からえらい話にスベッていっちまった。
そういえばまだ、自家製小麦の話してないッスね。スミマセン・・。
スポンサーサイト


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mayopan.blog43.fc2.com/tb.php/172-d03678d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。