真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真昼間に、小麦挽く。
Jkobo


昨年、生まれて初めて小麦を挽いた。
小麦のことずっとお話しそびれてたので、この辺で少し。
(「初釜」でもご紹介した、自家製小麦で焼いた全粒粉酵母パン。
究極の自己満足パンです。)


前原で棚田で作る無農薬・無化肥米のプロジェクトに
参加して2年、(先日インタビューいただきました、
KBCブギウギラジオの取材チームも昨年ご参加だった。)
昨年は裏作に小麦を植えてもらって、それを田植えの前に収穫した。
(残念ながら、都合により収穫には参加できずでした。)

それを石臼で挽いた小麦がこれ。
komugi1

ちなみに石臼がこれ。
komugi3

(あるパン屋さんの御厚意で本当にお世話になりました。
ありがとうございます!)
手で回してたら気の遠くなるような作業だがこれは電動石臼。
メッシュも4段階。静電気と熱がこもらないよう、中もすべて木製。
終わったあとの分解掃除までさせていただいて、構造もよくわかり
とても勉強になった。

komugi2

ちなみに収穫した小麦は、一度唐みにかけてさらに洗浄して、
広げて乾かすという作業をする。手作業でやってみると、
数キロの小麦を洗うのはタダゴトではなかった。
ベランダじゅうに小麦を広げて乾かす。
(商業用はここで小麦の粉の湿り気というのを決めてるらしい。)

とにかく、無農薬・無化肥の国産小麦だから、
ふすままで全部使っちゃわなきゃ、もったいない。
収穫祭でピザとクッキーにほとんどが消えたが
残った粉で酵母の種をつなぐと、甘味が増している。
やっぱ、自然の底力はすごいのよ、ホント。

マクロビ講習でクリスマスケーキにも使ったし、
自宅講習のメンバーさんにもお分けして喜んでもらえたし、
「やってごらん」のざくざくクッキーにはもってこいだし、
パンの基本、「小麦」を改めて学べたことが何よりの喜び。
やっぱ、「やってみらんと」よね!
スポンサーサイト


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mayopan.blog43.fc2.com/tb.php/163-a2c79767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。