真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪我しました・・
ご無沙汰しておりました。
夏休みもとうに終わり、いつのまにかすっかり朝夕が
すごしやすい気候に変わってしまった。
その間"こば"は何をやってたんだ?と申しますと・・

まずお盆前にかぼちゃをくり抜こうとしてて
包丁で左手を刺し、全治2週間の負傷。
救急で知らない病院に送られ、どうしても縫わずに済ませたくて
駄々をこねる。傷の深さを計るとか言って、傷口に鉄のへら
のようなものを突っ込まれ、洗浄。縫ったほうがよかったか・・?
それでも子供との「約束」を果たすため、荒尾の三井GLへ。
手にビニールをかぶせながら温泉をたしなむ・・。ズキズキ。
それでも、荒尾の梨はやっぱおいしかったなあ。
翌週、激しい夕立の中子供を迎えに行く際、
信号無視の8tトラックに突っ込まれ、車が一回転。
右半身打撲・ムチウチにて入院・・。
看護婦さんから「これで済んだからよかったと思わなきゃ」
と慰められるが、正義はどこへいったのか・・?と
交通事故対応の酷さに憤る日々。
青信号でふつーに渡れないって、おかしくないか?
人に怪我をさせて、人の車を壊して、人の生活を狂わしといて
「あとは保険会社に・・」って、人としておかしくないか?
プロのドライバーならなおさら、じゃないか?
病院で体と心をしばし鎮めて、パンのある生活に戻ると
徐々に気持ちも前向きになってきた、その矢先
昨日後片付け中に、クープナイフで右手をざっくり。
あまりの傷の深さに、今度はあきらめて駄々もこねず
チクチクと3針縫う痛みに耐える。で、傷もふさがったし
PCを打ち込んでますが、やっぱりイタイです。ズキズキ。
誰かに藁人形を打ち込まれているのか、これだけ立て続けに
続くと、やっぱ不気味。来週厄払いにいってこよう・・。

以上がご無沙汰の訳です。言い訳してごめんなさい。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。