真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

こば きょうこ

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浄水地区の「御パン」
久しぶりに車で天神地区まで出た。
午前中に仕事が終わったので、ちょっと寄り道。
こういう時こそ、バスでは回れないルートを
回っていこう。まずはレストへ。
お馴染みスコーン(ソフトだ)とバゲット(とてもワイルド)、
おいしそうだった赤ワインのハード系(うまし!)とヘルンヘン。
どれも味わい深く、食べ応えあり。
rest

浄水通りの小さなたたずまいながら、
石臼引きの粉を使って、技ありのパンが並ぶ店。
オーナーの池田氏から2年ほど前にルヴァン種を
分けていただいて、フレッシュなヨーグルトの様な
芳香にくらくらしたもんだ。最近はお店でパン講習
をされているんだな。教室も素敵だろうなあ。

torebon

カカオロマンスの丘を越えて、平尾へ坂を下ると
セ・トレボン。昼時で駐車場に入れない。
やむなくコインPに止めて、こないだ頂いて美味しかった
ジャガイモのサンド・ペイザンヌと黒パンのフィグ(ライ麦?)
そして時折レジに小さくかご盛りになっている、プチ(時々で
いろいろな種類が出ている)から折込系を息子に。

ここにきたら必ずもらっていくものがある。
大西さん手書きの「おいしいパンの通信」。もう68号だ。
A4にびっしり、またフランスに行ってこられたのか・・。
すごいなあ、3F建のカフェもOPENされてさぞかし
お忙しいだろうに、更なるパン道の探究心にただ感服。
パンが好きな人たちと、いつかカフェにも行ってみたい。
5周年記念にリクエストポストが設置されている。
早速私も、こっそりリクエスト投函。たのしみだな・・。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。