真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

こば きょうこ

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三味線
隣町の将棋クラブに参加しているときに、居合わせた
他のサークルの方から七夕まつりのご案内をいただいた。

三味線コンサート・うーん、私は指弾きで最低4弦
ないと弾けないんだけどなあ、しかもフレットレス・・。
なんて思いながら、息子もちょっと面白そうと興味を
示したので、次の週遊びに行くことにした。
(多分ヤツの興味は、"お土産駄菓子"だったに違いない
のだが。。)

「金子みすず」の詩と三味線・お琴のアレンジで
40分ほどのミニコンサートだった。お姉さんの歌声と
みすずの歌詞が美しいハーモニーを奏でて、しばし
ここ最近のゴザゴザを忘れさせてくれた。
私の好きな「テルーの唄」を歌ってくれたのも、よかった。
(昨年映画ゲド戦記のテーマで聞いてから、しばらくの間
聞くたびに泣けた歌。私の3大・泣ける歌といえば、
中島みゆきの「歌姫」とYUIの「TOKYO」と、これ。
昨年はいい歌にもめぐり合えた年だった。)

syami

2部は三味線体験コーナーで、腰の引けてた息子も
体験後に皆がお土産をもらっているのを見て、ようやく
やる気になったよう。一人っ子ってのは、失敗するのを
極端に嫌がるようで、とりあえずいっちょやってみるとか
出来るまでがんばってみるとか、そういう心意気みたいな
ものがどうも乏しい。小さいときから可愛いがられすぎて、
変なプライドが邪魔するんだろうか。
音楽はただ、自分が楽しめばいいのに。

無理強いはしないが、息子にはとにかく、こういう
原体験を積ませたい。他愛無いひとつひとつの経験でも、
いつかそれが、天の川を渡る橋を作れる力になりますように・・。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。