真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

こば きょうこ

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝採りトマト
いつも自宅講習にお越しのMさんがお庭のハーブの
苗をお分けくださるというので、楽しみにしていた。
そしたら、今月のライ麦の講習とともにこんなお土産を
いただいた。朝採りトマト、てんこ盛り!
元気なハーブとともに、ほんとにありがとうございます!
(トマトはヘタを下にして置かないと、傷みが早くなるんだ。)
tomato

もう、なんて美しいんだろう。ぴかぴかのトマト。
昔父が家庭菜園を始めて、偏食児童だった私が
野菜大好きになったきっかけが、父のトマトだった。

土から生えて育ったトマトは、こんなにおいしくて
甘いのか、と子供心に感動したもんだ。それからは
朝となく夜となく、夏となく冬となくトマト・トマトと連呼して
母を困らせたらしい。
その年、真冬にどうしてもトマトが食べたくて
(無いもんはない!と母から怒られ)自分の小遣いで
スーパーに買いに行ったとき、季節外れのハウス野菜は
こんなにまずいのか・・と身をもって「学習」したもんだ。
(当時のハウス栽培の技術は今みたいに進化する
以前の状態で、トマトの果肉はまるで砂のようだった)

ダンボールコンポストで出来た、最初の腐葉土?に
早速植え付けたハーブも、次々に若芽を出して元気に
育っている。小さなリサイクルだが、こうして人手と心を
つないで、形になる植物たちがまた土に還り、確実に
新たな生命をつないでいる。
ちょっとした世界を作り出している、この楽しさを
今年は皆さんに伝えることができるだろうか?

(秋のPTAの講演会で、佐世保の「大地といのちの会」
中尾慶子先生をお招きすることが、ようやく決まった。
ここまで大変だったけど、きっと皆でよかったねって
言える講演になると思う。あと少し、がんばろう)
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。