真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

こば きょうこ

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市販の酵母
新しいレーズン種を起こし始めて、早1週間。
もうぶどう酒濁酒風になってきた。
と同時に、なぜだが4代目で2年近くつないできた
種が命尽きた・・。摩訶不思議なタイミング。

この間のつなぎとして、長らく手を出しそびれていた
市販の「天然?酵母」というものを使ってみた。
なるほど、これは確かに簡単に種起こしができる。
一晩で濁酒ができる。すごい酵母を見つけたもんだな。

ako

それで焼いた山食。胚芽を混ぜたので少し黄味がかって
いる。それにしても発酵時間の長さと酵母のスタミナには
目を見張る!焼き上がりの香りは、クセがなく(なさ過ぎて)
ああ、そういえばどこかのパン屋さんと同じ味になってる、
こんな便利な自然酵母がでちゃったら、種から起こす自家製
酵母なんて、よっぽど好きじゃなきゃやらないよなあ。

でも好きなんですよ、やっぱ自家製が。
毎日ぶわぶわと元気に発酵する、あのつなぎの楽しさが。
手と目と鼻で会話する、酵母との小さなつながりが。
だってパンは自分がやったとおり、結果で裏切らないもの。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。