真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

こば きょうこ

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライ麦パン
来月分の試作に、いくつか試しに焼いてみた、
ライ麦のパン。いいんでない?なかなか。
rai1


ドイツのロッゲンやフランスのセーグルで
最近ではおなじみのパンになったが、
サワー種の酸味や、生地の独特の重さ・風味で
好みがはっきり分かれるパンでもある。
寒くやせた土地でも、背高く耐えて耐えて実らせる
ライ麦だから、粉も個性が強くてつながりが悪い割りに
粘りがち、火もなかなか通さない。
誰とでも仲良くなんてタイプじゃないけど、
種を使って、じっくり焼いてこそ底力を発揮する、
そんな性格のライ麦。(なんか誰かさんに似てる?)

ちょっと見、扱いにくい粉を人々の生活の知恵で
製法から独特な1つのジャンルにまで昇華させた、
いわばライ麦圏の食(職)文化を築いた、貴重なパン。
好き嫌いだけでなくて、昔々のパン話まで思いを馳せて
塩味のきいたものと合わせると・・なんて美味しい!

福岡では、創業時からドイツパンにこだわって、
パンを作り続けているスベンスカがある。
(ここのモーンゲベックを小学生のころ頂いて、
「こんなおいしいパンがあったか!」と思ったんだ。
今じゃ甘すぎて一切れで充分だが、その頃はめくるめく
新陳代謝で高糖度のパンもらくらく消化していたもんだ。
・・・懐かしい。)

あとドイツパンといえばサイラー。本場ドイツの
マイスターが、この地にお店を構えて文化を伝えている。
ちなみにこちらのお店で、いっちばん好きなのは
ラオゲンヴェック。皮と塩の美味しさにしびれた。
と、自家製シャーベやアイス。本物の味にしびれた。
地元小学生のサッカークラブもお店を挙げて応援してる
というのがやっぱ本場ドイツなのよ、うんうん。
いいなあ、そんな町に住んで一緒に盛り上がりたいな。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。