真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

こば きょうこ

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼きまくり
GW明けから、結構まめに更新してたのだが、
先週はパンに始まりパンに終わる1週間を過ごした。
とあるご依頼を受けて、「幻の焼酎酵母パン」を12kg、
3日間焼きまくった。画像も撮る暇なし。PC見る暇もなし。
(ブログ内検索:溜まっていたパンたち(酵母編)をご覧ください。)
酵母の準備も含めて、夕飯もそこそこに、ほぼ1週間没頭した。

ただ焼いて渡すだけでなく、パンについて受け答えも
することになったので、当然目の前でその反応を見る
ことになる。自分ちではおいしくても、果たして
万人の口にはこの味、どう映るんだろう・・?

「焼酎?飲むほうがいいなあ」
「酵母はなに使うの?」
「お、ちゃんと焼酎の香りがする!」
「面白いね、これ。」
「腹いっぱいになるね」
「この甘味は?」「もちもちやん」
「ちょっと重たいね。」「しっとりー。」
「何の酵母?」「うまいね、なかなか。」
「粉は国産?」
「材料なに使ってんの?」「どうやって作るの?」
「・・・・、もって帰っていい?」
「どうしてこういうパン作ったの?」
「ふんふん」「もぐもぐ」「(また来た)もぐもぐ」
「おいしいよ!これ」

私の意図する「パン」になっているだろうか?
その答えを、こんなにたくさんいただいた。
焼酎粕をつかったのにも、酵母にしたのにも、理由がある。
ただおいしい・たのしいだけのパンじゃないんだ、これ。
「0エミッション」という、すばらしい研究開発事業の
ひとつとして、パンにもできることがあるんじゃないか。
生き物・食べ物と大地・水・空気、すべて捨てられることなく
めぐりめぐる。
それをパンという形にするのに、一人で試行錯誤した。

作っている頃は誰からも振り向かれなかったけど
ようやく今、自分がピピンときたことの確かな手応えを
感じさせてもらえる、そんな仕事だった。
作り手として、やらなきゃいけないことがある。
食を職として担っている。金と欲の前に、もういい加減
その責任の重さに気づかなきゃ、マズイ時期にきている。

大切なこと。私たち、自分の子供に何を伝えられる?
いつか必ず形にしたい、もっとみんなにはっきりと伝わるように。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。