真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

こば きょうこ

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穀物コーヒーのパン
自宅講習でお取り扱いしている、穀物コーヒーの
愛用者が徐々に増えてきたので、これを使った
パンを今月のメニューにした。
koku
雑穀パンの一種になるが、お子様も好きになってくれる
ように食パン風に仕上げた。
香ばしく、風味も小麦の甘さが増していい感じ。

メンバーのお一人に貧血に悩んでらっしゃるに
穀物コーヒーを試しに使ってもらったら、
お若いからだろうか、早一ヶ月で効果が出たようだ。
チコリやどんぐりの鉄・ミネラル分が効いてくれたのかな。
よかったよかった、お役に立ててうれしい限り!

(薬の鉄剤は便秘になりやすいらしいしね。
こちらは食物繊維もたっぷりなのでその心配はない。
カフェインレスでもあるので、うちではまず妊婦・授乳中
の方にお勧めしている。)
スポンサーサイト
バッテリー、読破!
ようやく読み終えました。
実は6巻まであったなんて、即買いしたときには気づかず
5巻まで一気読みしたあと、ずいぶんやきもきした・・。
その間にTVも最終回、昨年の映画もDVDで見た。
その上で、やっぱ原作読んでよかったと思う。
続編の「ラストイニング」はハードカバーを買った。
(こっちは瑞垣クンが主人公でした。装丁も美しい。)

ラスト・イニングラスト・イニング
(2007/02)
あさの あつこ

商品詳細を見る


バッテリー (角川文庫)バッテリー (角川文庫)
(2003/12)
あさの あつこ

商品詳細を見る

最近はコミックがTV・映画化されることが多くなったけど
(画にしやすいんだろうな)小説や文章を忠実に映像にするのは
やっぱり難しいのだろうか?
原作を読んで映像を見ると、ちがーう!ここも違うあそこも違う・・。
大事な一言、一情景が書き換わり削られ、いつのまにか
テーマまで摩り替っている。それじゃまるで違うものに
なっちゃうじゃん・・。

原作に何より感動したのは、不器用な少年たちの「うるせえ」
の言葉の後ろに、1ページにも渡るくらい心の抑揚っていうか、
こんな感情が渦巻いて、でもうまく言葉にならなくて舌打ちする
感覚、そういうのが一人一人について丁寧に丁寧に書かれてた。
(時に書きすぎるくらい。だからいやでもしっかり伝わる)
これを知ってるだけで、いつか受けるだろう自分の子供からの
横着な態度や罵声も、多少荒っぽい玉になってもキャッチできそう
な気がする。そうそう、昔そうだったよね自分も。今でも心の中は
そうだよね、いい加減めんどくさくて、下水に流してるだけで・・。
(てめーら大人のほうこそテキトーに生きてんじゃん、って
巧達にケイベツされそうだ。後3年で息子もその年頃になるし、
それじゃやばいぞ。)
そういうところが、別の脚本では設定自体変わってたり、削られたり
するのって、原作者は平気なんだろうか?
伝えたかったことが、はき違ってたり捻じ曲がってしまってても、
黙ってみてられるんだろうか・・?

DVDでは原作者のあさのさんも登場してたようだけど、その真意も
よくわからなくて、あれは正直、うーん。。。だったなあ・・。
返却期間前に返却したのは、これが初めてかもしれない。
本の決まり文句だけが浮いてて、ちょっと見るのがつらかった。
媒体とスタッフがかわることで、まったく新しい1作品として
見なければいけないのかもしれないけど・・。
あの話を2時間の枠収めること自体に、無理があったのかな。

それでも、TV版はキャスティングがまず面白かったし
NHKらしい話だったけど、収まりきれない45分×10話の
枠の中で原作に忠実にあろうとするところもあり、父親に
新しい役割も与えられたりして、何よりミスチルの「少年」が
どんぴしゃで、よかったなあー!

梅雨時の夜を心躍らせてくれ、どうもありがとう、でした。
再放送があればまた見たいと思う。
お邪魔しました・・・
山道の土手でスギナを採っていたら、こんな蛙を発見。
接写モードで撮ってみたが、置物のように動かない。

ojamak

向かいの小川のサワサワという音をBGMに、
お取り込み中失礼いたしました・・・。
困ったCM
とある殺虫剤のCMの小説を読みながら
おばちゃん二人が合いの手をいれる
アレですが、毎回笑わされる。

豊川悦二は昔から好きなのだが、
最近は阿部ちゃんみたいに独特の路線を
歩んでいるようで・・。正直パーマは似合わなかった。
息子がツボッたように「やらしーやろ・・」を
連発する。ほんとにこんなチビ助がいうと
まったくベツの意味でやらしーよ。ったく。
give&thanks
薬草講習の日は、実家でお昼ご飯を甘えている。
月2回なので、まあ顔見世がてらに・・なんて、
四十路近い大人がいい加減にしろ!って、怒られますね。
近況を報告しあったり、お土産やお裾分けを交換し合ったり。
FAXで大抵の用件を済ませる私だが、親はやっぱり
顔見て話すほうがいいみたい。

apm

その母、ハーブなんて柄ではないのだが、茂りすぎて・・と
庭に植えているアップルミントを束で持たせてくれた。
このアップルミント、葉がやわらかく、ものすごく香りがいい。
しかも虫がつかず丈夫。
(実家も生ごみリサイクルをかれこれ30年近くやっている。
当然土はよくよく肥えている。もちろん農薬は不要。)

帰ってから早速紅茶に入れたり、いろいろ楽しませて
もらっているが、一番いいのは、トルマリン浄水に浮かべて
麦茶代わりに飲むこと。炭酸水なんかより喉もうんと潤うし、
これはお気に入り。ほんとは井戸水で飲めたらサイコーだろうな・・。
運動会の練習で、日に日に焼けてきた息子も、ゴクゴク。
温暖化対策のためにも、お茶沸かすより今年はこの水でいこうかな。
薬草のこと sono2.
参加して早2ヶ月、最初にいただいた薬草の苗が
大きくなった。これはユキノシタ。
解毒・解熱作用があるらしい。
葉はてんぷらにしても食べられるそうなので、
そろそろ頂きどきかも。小さな白い花が可憐だ。
yukisita

それにしても、お店で買わなくても世の中いろいろと
食べられるものって、まだそこ等中にあるもんだなあ。
もちろん、育てる環境を守っているところでのみ、
頂く事ができる、山の恵みですが・・。
ピーピー豆もエンドウ豆の3-6倍、ビタミン・ミネラル類は
豊富で、美味しいらしい。水毒症状にも効くようで。

食糧危機とか、温暖化とか、どうすればいいのよ?って
気分にさせるような切羽詰った情報ばっか流さないで、
もっとこういう知恵を授ける番組が、おもしろおかしく
作られないもんかなあ・・。
(「とったどー!」はちょっと近いかな。私はあの伝説の
「サバイバー」がもう一度みたい。)
こんな恵みを普通に食せば、サプリも健康食品もいらないよ、
きっと。

帰り道、教えてもらったカキドオシを摘みに道草していた
ところを、先生に見つかっちゃった。うはは、照れくさい。
「そんなに熱心なら、特別に教えてあげるから、いつでも
連絡を」なんて、ありがたいお言葉もいただきつつ、
私は先生の「が、は、は・・」という笑い声を聞くのが楽しみ
なんで、来月もまたお邪魔する予定です!
よろしくお願いしまっス!
薬草のこと sono1.
春から始めた薬草講座で、早速飲み始めたものがある。
それは・・スギナ!小さいころ「どーこが折れてるでしょ?」と
当てっこして遊んでた、あれデス。

sugina
昔、道の駅で「なんとなく体に良さそう・・」と思い買ってみたが、
どうも青臭くて飲みにくかった。が、番茶と一緒だと飲みやすい
と聞いて、自分で摘んだものを干してお茶代わりに試してみたら
これはすんなり飲める。今回は続けられそうだ。
効能は補腎、浄血。ヨモギより効能は高いらしく、
私の体にはうってつけ。これは使わなきゃ損よ、損!
ヨモギ摘みと一緒に摘んで、田舎茶と一緒に入れて飲んでいる。
茶殻も少ないし(←もちろん土にリサイクル)、
補腎効果は確かに高い。(お手洗いに行くとわかります。)
腎からきている腰痛も軽くなった。
茶殻を干して粉砕して、青海苔代わりにも使える。
今度マクロビでも使ってみよう!
紳士なひと
久しぶりに天神にバスで出かけた。
事故にあってから、すっかり車に乗り付けてしまって
足で歩くことがめっきり減った。いかんいかん・・。

で、天神まで約1時間。乗り物に乗ると必ずといって
いいほど、お休み3秒の私だが、日差しが急に強く
なったのと、時間が切羽詰っていたのとで、
この日は目をつぶることなく天神まで来た。

天神郵便局前で、このバスの大抵の人が降りる。
降りる人の列ができたその先頭に、杖を持ったおばあさんが、
料金箱の前でお財布を開けて、さていくらですかね?と
運転手さんにたずねている。後ろに並んだ、耳にイヤホンを
つけているスーツ姿も初々しい新人クンの列が、ちょっとずつ
間を詰めて、「早くしろよ」と無言のプレッシャーをかけてきている。
もちろん、おばあさんは自分のペースを崩すことはない。
運転手さんも言葉は丁寧だが、態度は斜め45度だ。

と、先に降りかけていた、ちょっとくたびれたスーツ姿の会社員が、
振り返って、すっと手を差し伸べた。
ほんとに、あまりにも自然におばあさんの手をとって
バスのステップを降りるのを、静かにサポートした。
ほんの数秒の出来事。映画の1シーンのような、その場の空気が
はっとするような、美しい出来事。おばあさんの一歩一歩を
みんなが黙って見つめている、そんな空気感。
「お世話かけて、すんまっせん・・」と小さな声で応えるおばあさん。
いえなんの、と目で答えるサラリーマン。

おい新人クン!見たか?今の。これぞ真の男のやさしさってもんよ。
同じ男なら、今のをまぶたの裏にしっかと焼き付けておいてくれよなあ!

小さく会釈をして別の方へ向かった、おばあさんと会社員。
さっきおばあさんをサポートした手は、パンフでいっぱいの紙袋を
しっかり握って、天神の雑踏に消えてしまった。
一部始終を窓越しに見送った、私。
帽子こそ被ってなかったけど本物の紳士。いたよ、この天神にも。
バッテリー
かなり遅れ気味だが、ただ今読みまくっておりまする。
きっかけはNHKのドラマ。めったにドラマは見ない私だが
「あ、あの本ドラマにもなるのね」くらいに予告をみてて、試しに見た
1回目。ミスチルの「少年」にノックアウトされてしまい、
(この主題歌にやられるパターン、NARUTO以来、毎回だ。)
おまけに石橋蓮治は出るわ千原Jr.は出るわ。
主役と準主役は、オーディションだったのだろうか?
いかにもNHKらしい目鼻立ちきりりの配役で、中学生日記っぽいかんじ
だけど、青々しくてそれもよし、サワやヒガシくんら脇役がとってもいい味だし、
ちょっと気味悪い雰囲気をかもし出している、瑞垣役の猫なで声が
また次回を期待させてしまう。

BT

あれよという間に、もう8回目になっている。残念ながら3回目を見逃して
しまい、再放送を待てそうにもないので、今日原作買ってきちゃいました!
近くの大型書店にはハードカバーがばらばらと2,3冊しかなかったので、
(これは図書館も同じやな)と古本屋にいったら、文庫版だったけど、
そろってました!即買い。ぱらっと読んでみたら、話ぜんぜんTVとは違う
のね。やっぱ原作はちゃんと読まなきゃ、でしょ。
また後日感想をば。
マクロビクッキー
先月は実施できなかったのだが、プチマクロビ講座での
おやつ編の試作で、卵・乳製品・砂糖・バター&マーガリンを
使わない、ざくざくクッキーができた。甘味はオーガニックレーズン
だけ。普通のお菓子作りでつなぎになる物が、ほとんど使えない
ので、形を作るのがちょっと一苦労だが、これはイメージ通りの
味と歯ごたえになった。我ながら、ちょっと嬉しい出来。
mcc

同じような配合でおからのクッキーも作ってみて、これもいい。
なんとなく、マクロビのクッキーの基本がつかめた感じ。
レシピにするより、いつか売り物で出したい。
これはしばらく大事に取っておこう。

もう実った!?
先日植えたミニトマトの苗に早速花がついた。
おお、いとしいなあ。がんばって暑くなるころ
おいしい実をつけてくれよ、と熱い視線を
送っていたら、1週間くらいで実がついている。
はやっ!(今はこの3倍くらいに膨れてます)
minit

そうなんだ。春の植え替えでプランターの土はほぼ
すべて生ごみリサイクルのものに入れ替わったのだが、
これが今までになく根付きがよく、丈夫に育つ。
5月になって、その勢いは目に見えて早くなった。
驚きだ・・。やっぱり「大切なのは土なんです!」だよね。
(ナウシカの名言です↑。ちょっと変えてるけど)
そんな自然の「当たり前」を、私らはあんまり知らない。

kabo

薬草講座で頂くカモミールやその他のハーブ類、
キビなんかも順調に育っている。何よりうれしいのは
秋から冬にリサイクルしたカボチャや麦の種が、コンポの
中で次々に発芽して、試しに植え替えてみたら、ちゃんと
グイグイ伸びているのだ。この生命力、すばらしい!
カボチャの苗は父に育ててもらうことにした。
麦はその後ほぼほったらかしで、劣悪な環境にもかかわらず、
ちゃんと小さく実を付けた。
(もうちょっときちんと育てればよかったな。今年はそうしよう)

種から芽を出し、青葉が伸びて花を咲かせ実をつけて、
世の役に立って次の種を作り、土に還る。
そしてまたちゃんと種が芽吹く。この苗ひとつひとつから
”そんな風に生きてごらん”と、やさしく教えられているようだ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。