真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

こば きょうこ

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半径何m・・?
春休み、録りだめたDVDを整理していて、間違って録画
していたらしい「太田総理と秘書田中」を見た。
普段は見ない番組だが、テリー伊藤と爆笑太田の討論に
つい興味をもってしまった。

テーマは「ネット使用は1時間以内」の是非だったが
それとは別に、心に残る話があった。
「最近のブログってやつは、自分の半径5m以内の
ことしかかいてなくて、面白くも何ともない。
日記にもなってない。ひとりごとの垂れ流しだよー!」
ってな内容だったと思うが、ホント、ホント。(耳痛い)
やっぱテリー伊藤、いいこというな。

そのとき再び思い出したのは、もののけ姫の1シーン。
「みな小さく、馬鹿になりつつある・・」というおっことのぬしの
台詞。今の日本の大人一人一人に突きつけられた一言。
同窓会でも、地域でも街中でも、しばしばこの言葉を痛感する。

日々の体験から見えた学びを、普遍のものに変えていく力が
知恵だと思うのだが、その経験をサボり、バブルに興じて謙虚に
生きることをしなくなって、いつのまにか自分の姿も等身大に見る
こともままならず、五感は確実に退化している。
それでも何かにつけ言い訳をし、ナマの自分を正視できないくらいに
心も六感も弱りきってしまっている。
好きなものばかり食べて、体が弱るのと同じだ。
自分さえよければ・自分の家庭さえ平穏なら・それ以外に
思いも回らないくらい盲目で鈍く、どんどん退化していく。
(テンネンとかKYとか聞こえのいい言葉に置き換えて
ごまかされている気もする。)

私たち大人の日常の狭さを棚に上げ、子供には
「夢をもって!のびのびと!がんばって!」などと発破かけらても
子供にとっちゃ、いい迷惑!だよな。
ほんの数センチでもいい、半径を広げること、今始めよう。
スポンサーサイト
馬もいたりして・・
人と関わることでいやな思いが重なった4月だったが
それももう数日で終わりだ。

住んでる町境に、サッカー場を持つ大きな公園があるのだが、
その近くにハウスウエディングの建物が連なって建っている。
最近はよく使われるようになった。
その一角、夜はライトアップされ、特にきれいだ。
たまーにその挙式の風景に出会うが、白馬の馬車が
ぱっかぱっかと歩いていたりする。(ちょっとだけ、いまどき・・
とも思うが、それはホラ、お祝い事ですから!)

uma

先日早出の仕事で、早朝に車を走らせていたら、
いつも通る歩道を、あの白馬がぱっこぱっこと散歩している。
おお、こうやっていつも予行練習していたのか・・。
それにしても、ダンプがバンバン通る県道脇のアスファルトの
歩道をフツーに散歩している。(させられているというほうが
正しいか。)しかし、風景はなんともツギハギな感じ・・。
加えて車の販売店がバックなのもかなりミスマッチ・・。
この調和のなさがなんとも滑稽だなあ。
馬も下向いて笑ってんのかな?お互い、お疲れッス。

息子の勲章・・?
帰宅した息子の格好が妙に違うので、??とよく見たら
スウエットをはいて帰ってきた。ズボンどうしたの?と
聞くと、照れくさそうに「・・お尻がやぶけたと。」という。
ええー、尻?と持ち帰ったそれを見ると・・、薄い。
もう向こうが透けて見えるほど擦り切れていた。
洗濯では濡れてわからなかったが、まあよくぞここまで
はいたもんだわ!よく遊びました!と思わずほめてしまった。
ここいらでも、最近ひざあてをしてる子なんて、見かけないもんな。
(あれ、子供服ならではのかわいさがあって、ビンボーくさいとは
思わないけどな。)
pantuM

最近は手を入れればまだはけそうな服も、ばんばんゴミに
されているが、お気に入りをここまで使う息子の気持ちが
こんな形になってくれたみたいで、もう少しとっておこうと思った。
そういえば、もう衣替えの季節になるね。
今月はイングリッシュマフィン・・
今月の自宅での講習はイングリッシュマフィン。
イギリスの朝食用のパンで、朝マ○クなどでもおなじみの、
まぶしたコーンが香ばしい食事パン。
EM1

わりとロングセラーながら表舞台に立ったことがないパンだが、
もしパンを売るなら私はぜったいこれも作る。失敗がないからだ。
リーンなパンなので飽きもこず、それでいて腹持ちもよい。
フォークで割って食べるのだが、断面が粗いのでバターやジャムとも
よく絡む。ベーコンエッグなどをはさんで食べるので、もとろけた黄身や脂と
よく絡む内相に作られたそうだ。

以前試作した手作りバターも今回皆様で作っていただき、
あらためてバターってほんっとぜいたく品!と感じられたでしょう。
お疲れ様でした!フレッシュならではの風味を、
じっくり味わいながら召し上がってくださいね。

HNYM

春はメンバーさんも入れ替わりの時期で、
2年間遠くよりお越しくださっていたMさんが
今月で最後ということで、寂しいかぎり。
いつも焼いているというハニーをお持ちくださった。
いつもいろいろお気遣いを、どうもありがとうございます。
私のレシピより牛乳を20cc多めにしてブレッドメーカーで
作ってらっしゃるそうで、とてもソフトな焼き上がりだ。
皆様もどうぞご参考に。
おお、神様仏様、ありがとう・・!
omega

昨年秋、地元のパン講習が終わった翌日、腕時計がない
のに気がついた。すぐさま、館に電話して掃除の方などにも
当たってもらったが、ない。身の回りを探してもない。
いやいや、あそこもここも・・。ない。

1週間ほどそんな状態でいて、もやもやといやな感じが
心を覆い始め、いやいやそんなことはないと、自宅も車も
可能性が1%でもあるなら探し回り、会う人会う人に
知りませんか?見かけませんか?と訊ねてまわった。
しかし返ってきた言葉は・・・
「高い時計やろ?もう見つからないよ。」
「まず出てこんやろうね・・。」
「あきらめりー、しょうがないって。」
「高いものはせん(身に付けない)ことよ。」
・・はぁ~、なんで?高い時計だと見つからん、てか?
どうしてそうゆう風に言っちゃうの?
落し物なら届けるし(どこぞの温泉のスリじゃあるまいし)
三次元の物体は壊さない限り、煙のようには消えなくない?
何より「他人のもの」でしょ?それ、使えないでしょ?
それとも”世の中そんなに甘くない”ってか?
(・・やっぱ、この地域は好きになれない。)
当時お世話になっていた家政婦さんのアドバイスで
警察にも紛失物届をだした。

それから5ヶ月、時計のことはあきらめられなかった。
こいつは出産までがんばった自分への祝い・ご褒美に
自分で買ったものだ。
言葉にできない決意と想いがつまっているのだ。
大好きだったジャックマイヨールのシーマスターは
買おうとしたときにはもうなかったけど、同じオメガで
なんとなく満足できたんだ。
大人気だったカルチェのタンクフランセーズと散々見比べて、
(店員も連れもそっちを薦めたが)自分に似合うこっちを選んだ。
自動巻きのシャンシャンネジが回る音に手応えを感じた。
女の細腕に、やたらでかでかしい男物の時計をするのが
流行ってた当時に、ブラックフェースでほどよく収まるデザインに
日めくりもついて、とても機能的だった。レディスでこのフル装備
は、知る限りだがあれからお目にかかってない。
とにかくどんな場面にも邪魔にならず、よく働く時計だった。
洗濯機フルコースで回されても故障しなかった。
(一応日常防水程度なので、これはラッキーだった・・。)
一度メンテに出して、つつがなく戻ってきたときは
なんだか自分の子供みたいにうれしかった。
所詮物は物、でも長く使えば思いも積もる。
念がこもるとでも言おうか・・。(それちょっとコワイな。)
とにかく私のママ人生とともに時を刻んだ「同士」なんだ。

5ヶ月の間、心もとない左腕と見づらい携帯の時刻を見るたび
「どこにいるんだよ・・」と心の中で泣きながら、あきらめられなかった。
あまりに不便なので、とりあえず何か代わりを、と思ったが、
他の物を買う気も、身に付ける気もしなかった。
(おかげで時間の感覚も鈍り気味。)
暮れの大掃除でも徹底的に身の回りを探したが出てこなかった。
ありえない場所も幾度かひっくり返したけど、当然なかった。
ドブで錆だらけになった時計を、泣く泣く手にとった夢も見た。
(これって天のお告げかなあと思ったりもした。)

だが、今日戻ってきた。私の手元に無傷で戻ってきた!
ありがとう、神様。本当に涙が出た。
ありがとうございます!!もう2度と離さないからね。
貴重なアドバイスを下さったヘルパーTさんにも、ありがとう
と伝えたい。人のいうことは聴いてみとくものだ。
赤いブランコ
将棋クラブの帰り途、工事中の公園が出来上がっていた。
赤いブランコのデザインがあまりに決まっていたので、
ちょっと寄り道しようということに。ブランコに乗るなんて久しぶり。
buranko1

いいきもちー!胸がくすぐったくなる。
(内緒ながら、お尻の幅がぎりぎりだったのが、かなり
ショックだったが・・)
buranko2

少しの時間だったが、おいしい空気を胸いっぱい吸った。
夕焼けにうろこ雲が出ていた。春らしい薄ピンクのやさしい夕焼け。
うろこ雲って秋だけじゃないのね、明日もきっといい天気だな。
iwasi

帰ってから一戦交えたいというので、付き合ってみたら
さかさかと矢倉を組んで、あっという間に飛車角が
成りこみ。四苦八苦して、かわしたりつついたりしてみた
が、棒金銀むなしく、詰まれてしまった。
お母さん、だいぶ強くなったね、なんて言われる始末。
UNOじゃ負けないんだけどな!
さくら さくら
入学式の前に、住んでいる地域で悲しい出来事が起きた。
兄弟児が、地域で花見の名所らしい池のほとりで遊んでいて
溺れてしまい、一人が亡くなった。

ニュースでは、周りにも花見客が結構集まっていて、
声をかけた方もいたようだが、その子は池に沈んでしまった。
親は何してたんだ?とか、無神経な声も聞こえてくる。
網を張っておけばよかったのに、と言う声も聞こえる。
後になって、そこにいなかった人間がなんやかんや
言うのはたやすい。でも、ここでそんなこと言って何になる?
(私がこの地域を好きになれない理由のひとつだ。)

もし自分がそこにいたら、どうしていただろう・・?
やっぱり、危ないなと思いつつ、手を差し伸べることは
しなかったんだろうか・・?
自分の子供だったらすることを、しないんだろうか・・?
親御さんの心中はいかがばかりか・・と思うと、やりきれない。

息子は歩き始めたころから鉄砲玉で、いつもいつも
外歩きには手をつないでいた。(周りからは「天使の羽」
買ったら?と言われていたが、リードみたいでいやだった。)
小学生になってもそれは続いていて、今はむしろ
私が安心したくてつないでもらっているのだ。
あと1年もすれば、「やだよ、ハズイし。」とか言われてしまう
のだろう。もう少し、あともう少し一緒にいさせてね。
今もまだ、私より小さな湿っぽい手が、
今までどれだけ、私の背をやさしく支えてくれただろう。
sksk

入学式の日の雨で、桜の花もはらはらと散ってしまった。
今はただ葉桜の下で、花を添えて静かにご冥福を祈るばかりだ。
メルベイユ
3月は周りも忙しい人が多く、何もかも気ぜわしく、
落ち着かない日々が続いたので、パンに集中できる時間が
思うように取れなかった。(ま、こんな日もあるさ。)

発酵が待てない忙しい時には、蒸し物や揚げ物を作る。
んで、3月の講習はメルベイユ。
(写真が見つからず今ごろのUPになってしまった・・)
フランスのお祭りで出る揚げ菓子。
日本ではさしずめサーターアンダギーってところか。
(他の地域でも、お祭りの屋台でアンダギーってやってんのかな?)
merube

手綱に結んで、わりとしっかり揚げる。
皆さんの春休みのおやつに、活躍してくれたかな?
春休み・杏の里へ・・
春休み中のニュースで杏の花が満開と聞いて、足をのばしてみた。
平日というのに、すごい人!駐車場も満杯だった。
級友Kと見晴らしのいい公園で落ち合う。
彼女も地域の世話役で忙しい春になってるらしい。
anzu

昨年振り回されたPTAのことで、散々愚痴った私に
こんな言葉を下さった方がいた。
「ジコチュウもKYも、各々わが子が通う学校がより良くなる
ための発言、そこは一緒だと思うんです。
そう思わないと、そこから話が始まらないと、
なんか、救われない気がしませんか・・?」
心に残る一言を友にも伝え、ああ、ほんとにそうだよね。
と、話を締めくくった。
救いのないPTAの愚痴も、その一言でピタリとやんだ。
ansu2

愚痴る相手にこんな言葉をかけられる大人に、いいかげんなりたいなあ・・。
杏の花も池の合鴨も、こんな小さな人間の姿をふふふと笑っているよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。