真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

こば きょうこ

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sちゃんのベーグル。(2月のパン講習)
今月の講習はベーグル。
「真夜中・・」でも、№3にはいる人気もののようだ。
ベーグルってこんな風に作るのね~、と
初めて作る方はその工程に、必ず「へえ」モードになる。
17世紀にユダヤ人発祥のこのパン、休息日の食べ物として
生まれ(いわゆる当時のマクロビ的アプローチよね)、
それが20世紀末になってNYでヘルシーだって爆発ヒットして
あっという間に世界に広まってしまった・・、
という世紀をわたる温故知新なパン。スゴイんだ。

begl

写真は自宅教室最年長(一番若いんだけど・・)の
Sちゃんの写メがとってもおいしそうだったので
ご拝借!(もちろんOKもらってます。ありがとうね。)
それにしても、日本だとなぜベーグル=ブルーベリー
なんでしょうか・・・?ベーグル=おやつ・なのかな?やっぱ・・。
(私的にはサーモン&アボガドサンド、なんだが・・)

月末、お世話になってる方々へ、こちらは自家製酵母の
ベーグルを準備中。(スミマセン、つまみ食いしました。)
今回は私なりにフレームを考えてとってみたのでぼかしなし。
beglkobo

スポンサーサイト
バター作りも・・
久々にバターを作った。とある団体の講習会だが、
前から「ここのはいいなあ」と思っていた生クリームでバターを
作ることができ、業者の方のお話も伺えて、行ってよかった。

bata

パンの材料で必要なとき以外、うちではめったに使わない
「バター」だが、久々に振りまくった末にできたバター、
当然無塩だがまったくおいしい!
しかもバターミルクがまたおいしい!
体に負担が・・と思いながらも、このおいしさは舌で覚えておかねば。

できたてのバターは(牛の脂肪を思えば当然だが)
ほとんど白色で、酸化するたびあの風味も逃げて黄色くなってんだなあ
と、つくづく今までの食べ方を省みさせられる。
わざわざ冷蔵庫で古く悪くして食べてんのね、私ら。

作ればわかる、その贅沢さ。
50cc位のクリームから20g程のバターができたが、
冷凍して小出しにして使っている。
今月の自宅講習にご参加の皆様に、ぜひぜひその味
を堪能していただきたい。そして、来月は一緒に作りますよー!
(ちなみに出来た自家製バターは「衛生管理上不備があるため、
冷蔵で1,2日で食べきること」だそう。その前に、おいしいから
すぐなくなると思うけどネ。)
真昼間に、小麦挽く。
Jkobo


昨年、生まれて初めて小麦を挽いた。
小麦のことずっとお話しそびれてたので、この辺で少し。
(「初釜」でもご紹介した、自家製小麦で焼いた全粒粉酵母パン。
究極の自己満足パンです。)


前原で棚田で作る無農薬・無化肥米のプロジェクトに
参加して2年、(先日インタビューいただきました、
KBCブギウギラジオの取材チームも昨年ご参加だった。)
昨年は裏作に小麦を植えてもらって、それを田植えの前に収穫した。
(残念ながら、都合により収穫には参加できずでした。)

それを石臼で挽いた小麦がこれ。
komugi1

ちなみに石臼がこれ。
komugi3

(あるパン屋さんの御厚意で本当にお世話になりました。
ありがとうございます!)
手で回してたら気の遠くなるような作業だがこれは電動石臼。
メッシュも4段階。静電気と熱がこもらないよう、中もすべて木製。
終わったあとの分解掃除までさせていただいて、構造もよくわかり
とても勉強になった。

komugi2

ちなみに収穫した小麦は、一度唐みにかけてさらに洗浄して、
広げて乾かすという作業をする。手作業でやってみると、
数キロの小麦を洗うのはタダゴトではなかった。
ベランダじゅうに小麦を広げて乾かす。
(商業用はここで小麦の粉の湿り気というのを決めてるらしい。)

とにかく、無農薬・無化肥の国産小麦だから、
ふすままで全部使っちゃわなきゃ、もったいない。
収穫祭でピザとクッキーにほとんどが消えたが
残った粉で酵母の種をつなぐと、甘味が増している。
やっぱ、自然の底力はすごいのよ、ホント。

マクロビ講習でクリスマスケーキにも使ったし、
自宅講習のメンバーさんにもお分けして喜んでもらえたし、
「やってごらん」のざくざくクッキーにはもってこいだし、
パンの基本、「小麦」を改めて学べたことが何よりの喜び。
やっぱ、「やってみらんと」よね!
黄粉の酵母パン
4月から小麦が3割も高くなる・・。
パンキチには絶句するくらい酷な宣告だか、
オーストラリアの干ばつの様子などを見ていると
ただ事じゃないなあ・・、今までが安すぎたのかもなあ・・
改めていろいろ見直し、考え直す機会になるのかも。

昨年製粉した自家製小麦もそろそろ最後の一袋になった。
それで焼いたはと麦黄粉の酵母パン。
kinakoP

卸価格ではすでに国産小麦のほうが安くなっているところもあるようで。
この値上げを機に、国産小麦が主流になって空いてる田んぼが少しずつ
復活するようになれば、それはそれで日本の農業がいい流れに向かうのかも
しれんし。(だから、頼むから便乗値上げだけはやめてくれよ。)

確かに外麦を使うようによく立ち上がって、軽くてふわふわのパンに仕上げる
のは難しい。(単に腕不足なだけかも?まだまだ努力せねば!)
それでも、それがよさとして、国産の味として、人々の舌に乗っかってくれれば、
「もうパンは焼けない」なんてことは、誰も言わなくてすむのかもしれんし。

外麦がいづれ手が届かないほどの高級品になって、国産小麦が主流になれば、
否が応でも「そこにあるものをいただく」身の丈にあった食べ方を、
誰もが受け入れて、各々でもっといろいろ工夫するようになるのかもしれんし。

自分の国で作れるものを、いつまでも経済的という断面だけで外国に甘えるのは、
結局自立できずに自滅する道を選ぶようなものかもしれんし。

なんか、今日は小麦からえらい話にスベッていっちまった。
そういえばまだ、自家製小麦の話してないッスね。スミマセン・・。
雪と梅と・・
日本の南端、九州でも今週雪が降った。
(東京にいたころ、「九州って雪ふらないでしょ?」
ってわりとフツーに聞かれたのに、あらためて
こっちがびっくりしたこと、よくあったなあ。
福岡は日本海向きなので、毎年一応降ってました。
ここ数年はほんとにあったかくなってしまってますが。)

関東のカラッカゼみたいな寒さは私、とても
苦手なんですが、雪の日の寒さは気持ちいい。
こんな幹線沿いの空気でも、雪がフィルターになって
きれいにしてくれているのを感じる。
こんなに白いのに。

午前中の用事がおわり、山の上のほうの雪化粧をみてたら、
もっとそれをみたくなって、久々に陶花さんに足をのばす。
(積もってたら、タイヤ細いしチェーンないからアウトだけど・・)
車のフロントに舞う雪が、桜の花びらのように美しい。
(吹雪ってなんか、人の感情をアオるよね。)
touka3

久々にオーナーとスタッフIさんと、ゆっくりお話できた。
「やってごらん」もちょっと売れたそうで、ありがとうございます!
癒しの時間のランチはこれ、ピザトースト。(こちらは初挑戦)
(カレーが№1の陶花さんだが、空パンサンドやセットも
密かにお勧めです!おいしいって、ゼッタイ。)
touka2

とろけるチーズがそそるでしょ。こだわりのベーコンも
(耳納いーっとん使用)のっかっている。
カメラを縦横してると、Iさんが「そんな風に撮ってくださるの
うれしいですね」って言ってくれた。そんな言葉がまたうれしい。
(だから、その日にUPしろっての・・、すみません。)

お店の玄関、篠栗を見下ろすこの高台の雪景色。
食べてるうちに小雪に変わっていたが、この冬も
それまで暖かかったおかげで、ひらきかけの梅の
つぼみがちじこまって見える。こんなに寒いけど
もう春はここまで来てるよー、と囁きかけてくれてる。
いつ見ても、絵になるお店デス。
touka1

「やってごらん」反響#2(随時更新中)・・ありがとうございます!
ラジオの生放送も、何とか無事終わり、只今ほっとしているところ。
オハズカシイ限りでしたが、「やってごらん」のご紹介もして
いただいて、KBCラジオの皆様、どうもありがとうございました。

さて、再びいただいたご意見をご紹介いたします。
皆様、ほんとにほんとに、ありがとうございます!
お一人お一人のご感想をいただくたび、「お届けできてうれしいなあ」と
私も幸せをいただいております。
年末年始のブランクで、お待たせすることがあったにもかかわらず、
皆様よりご丁寧なご感想をいただいております。
今回もまた「あ、あたしの!」なんて感じで探してみてくださいね。
(公開日以降分も下記に随時更新中です。)

北海道 Hさま
真夜中こっそりパンを焼く も欲しかったです…。再販はしないのですか?
悲しいです。次刊発行のお知らせとかも欲しいです。よろしくお願いします。
~こば様 こんにちは。
また、『やってごらん』続編など、ありましたら、欲しいです。
よろしくお願いします。

福岡 Kさま
新聞でのご活躍拝見しました。新しい本ができるのを楽しみにしてました。
ぜひ1冊送ってください。

福岡 Fさま
昔子供たちと作っていたようなお菓子を作り、「やってごらん」で
2月に94歳になる母の誕生日にお祝いしたいと思います。
(コーヒーが好きで、ティータイムを好む母です)
これからもどうぞよろしくおねがいいたします。
急に寒くなりました。風を引かれませぬよう。

友人Rさま
本が届いてすぐ、Kくんとダンナに「すごいでしょ~!お母さんの友達が
作った本なんだよ!」って自慢してみました。
パン作りの本だと思い込んでたから、中身を見てビックリ!!
心温まる文章あり、プリンにビスケットにパウンドケーキ?!
いろいろなレシピが載っていて、きょうこちゃんの溢れる才能に
思わず声をあげてしまうほどでした。
(こば:ない頭をぞーきんのように絞っては干され、の繰り返しだったりします。)

ダンナはきょうこちゃんが東京でOLしてたなんて思わなかったみたいで、
元々こういう方面の仕事をしていた人なんじゃなかったの???!!!
とめちゃめちゃ驚いてました。・・・
(こば:いまさらながらやっときゃよかった、のかも。)

毎年送られてくるきょうこちゃんからの年賀状を見ては、ただただ「すごい!」
と感心するばかり。本当にすごい大活躍で驚いています!
いつだったかパンを送ってくれたこと覚えてる?
とても美味しくて、そのときも「パン屋さんみたい!」と驚いたんだけど、
あっという間に趣味の域を超えて、先生になってしまったよね( ^^)
(こば:いえいえまだまだ超えておりませんが・・まして先に立つなどとは。)

いまは子育てに追われる毎日で、あっという間に1日が過ぎてしまってる^^;
バタバタと毎日を送ってる私より、恭子ちゃんは何倍も輝いてるんだろうな
と羨ましく思います。
(こば:私もばたばたしたり、ぼーっとしたりの繰り返しですよお。
時々生活臭でカスミがかってたりします・・)

主婦業と子育てとパン作りと、どうやって上手く両立させてるの?
趣味のパン作りから本の出版に至るまでの経緯とか、聞きたいことは沢山!
(こば:またさえないブログでおいおいに・・・東京からほんとにありがとうです!)

友人 Y
本の感想はうまくできてるよ〓こばらしい仕上がりだと思ったよ。
次号も声掛けてね〓今朝はHBが食パンを焼いてくれたけど
やっぱりもっとおいしいパンも食べたい〓小3の娘も よくお手伝い
したがるので 今から しこんでるよ。遠くから応援してます〓またね〓

福岡 Tさま
こんにちは。以前パン教室に参加していました、ブログに遊びに
来ました。 2冊目の本を出版されたのですね。
おめでとうございます。是非購入したいのでよろしくお願いします。
 2人目出産後しばらくは教えていただいたレシピを見て、
メロンパン、ハニー食パン、近所のパン屋さんからフランスパン粉を
分けてもらいエピを焼いたりしていましたが、ここ1年以上自宅で
パンを焼くことから遠ざかっていました。4月から幼稚園に入園する
ので、先生に教えていただいたレシピを開きパンを焼いてみようと
思います。 ではまたブログに遊びに来ます。

本、読ませていただきました。前回の本同様素敵な写真に癒されました。
お菓子作りは最近していないので是非プリンやケーキなどチャレンジ
してみます。その際にはまた報告します。また、先生のブログ読ませて
もらいますね。ブログ内の素敵な写真も楽しみにしています。では

千葉Tさま
こんばんは。
ブログ楽しみに拝見しています。当方パンづくりが好きなふつうの主婦
です。我が家に小学生の子どもがおりますので、さっそく活用させて
いただきたいと思います!作りやすそうなレシピがたくさんで、
とても楽しみです。
そして・・・
皆さんのコメントも読ませていただいて、あ~私とおんなじ考えのかたが
たくさんいらっしゃるんだなーと思い、うんうんと画面にうなずいていました(笑)
?真夜中こっそり・・・」の本は、やはり今は入手できないのでしょうか?
いつのまにか買えない状態になっていて、すごくすごく残念です。・・・
それでは、これからもブログ楽しみにしています!

兵庫 Iさま
友達に前回の「真夜中~」本を借りてとても興味を持ちました。
この度初めて購入させていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。
~子どもと楽しく見させてもらってます。ありがとうございました。
これからも応援していますので頑張って下さいね。

長野Oさま
つわりが落ち着くまで、しばらくパン作りはお休みです。
また、元気になったらがんばってみたいと思います。

沖縄 Mさま
はじめまして。
昨日、無事に手元に届きました
ありがとうございます。

本当に、この度は素敵な本をありがとうございます。
「夜中にこっそりパンを焼く」を友人達がこぞって見ており
みんな夜中にこっそりパンを焼いてました
いえいえ!夜中に堂々とパンを焼いてました(笑)
ワタシはそれに乗り遅れましたが…
今回は、早速今日からワタシも「やってごらん」を見てやってみます
レシピ3の【とれたてsuite potato】はこちら沖縄の紅芋で
やってみようと思いました。

これからも、こばさんの手から出来るモノを楽しみにしています。

大阪府 Iさま
「真夜中こっそりパンを焼く」を買ってから次の本は出ないのかなと
待っていました。今回ブログで見つけられてとても嬉しいです。
楽しみにしています。

沖縄 Kさま
「やってごらん」を早速お届けくださり、ありがとうございました。
早速、娘に作ってもらいますね!!

鳥取 Oさま
初めまして。前作の本のことをアマゾンで知りましたが、既に
売り切れでした・・・。
どんな内容なのか気になるし、ああ、残念・・・。
早く知りたかったなあと思っていたら、次の本の注文受付が。
しかも本屋では売らないとのこと。たまたまこのタイミングで
HPに来てみてラッキーでした。
ただ、どんな内容の本なのかよく分からないのですが
(どこかに説明文があったならすみません!)、
前作同様タイトルに惹かれる部分もあり、書店では流通しない
とのことなので、申し込んでみる事にしました。
子供と一緒に楽しめるといいなあと思っています。

福岡 Yさま
早速拝見、素晴らしいですね~。ご自分で着々と凄いです〓
私も子ども達には体験主義子育てでしたので、エッセイ読みながら
共感でした。
子どもがしたい時がさせ時・と思いますね。又したくなるように
仕向ける事も大事ですね。
私の30歳の誕生日には5歳♂3歳♀の子ども達がデコレーションを
作ってくれた事、思い出しました。
躾は「つ」がつく9歳(一つ~九つ)迄に〓と言う教えがありますよね。
子どもに恵まれ 日々の生活で培われる人間形成にはとても大きな
体験をさせてやれました。

東京 Aさま
市立図書館で「真夜中こっそりパンを焼く」を借り、ど~しても
本が欲しくてhpをのぞいたら、完売の文字にガックリ・・
けど嬉しいことに2冊目が出たことを今知り早速注文しました。
届くのを楽しみにしております☆

茨城 Oさま
先日、図書館で「真夜中こっそりパンを焼く」に巡りあいました。
とても気に入ったのにどこ> にも売っていないのですね(涙)
でも「やってごらん」を楽しみに待つことにします。将来パン> 屋さん
になること夢見ている小4の娘と一緒に読ませていただきますね☆


皆様、ありがとうございます。
これからも「やってごらん」ともども、よろしくお願いいたします。こば
ラジオにでることに・・
このブログからのお問い合わせで、なんとなんと
KBCラジオから「やってごらん」のインタビューを
お受けすることになりました。
おお、なんとありがたいやら・恥ずかしいやら・・。
どうもありがとうございます!

で、打ち合わせのお話をうかがってみると・・・
昨年「前原田縁プロジェクト」でご一緒していた
スター高橋さんたちの番組ではないか!?
「こばさん、いらしてたんですねえー!」
「あのKBCラジオのかたですかあー?」
というかんじで、
何という偶然・・さすがは「田縁プロジェクト」!!
すごいぞ、やらせでもなんでもない本当の奇遇!
そっちの方に興奮してしまいまして・・。

ラジオなんて一度だけリクエスト原稿読まれた位で
電話で話した声が電波にのると思うと、どきどき
する。声が裏返りそう。ただの電話でももごもご
しゃべるのに・・。(そこ、うそばっか、とかいわんと。)

KBCラジオであさって11日10時のオンエアだそうです。
よかったら、聞いてみてください。
あ、でもやっぱいいです。
どうしても・・
さて、1月の講習も無事全部終わり、あまりに手足が冷えるので
息子が帰宅するまでの小一時間に、芯から温まってこようと
「石の癒」に足をのばした。

その道の途中、向かいの道路上にカラスがとまっていて、
対向車線が軽く4,5台ほどつかえていた。
目の前の黒の軽が「ホラホラ!」と追い立てるように
近づいているのだが、このカラス一向に飛ぶ気配がない。
目が見えないのか?羽か足が折れてるのか?
ぎりぎりまでタイヤが迫っているので、思わず窓を開けて
何が投げてやったら気づくかなと、手に紙コップをもった瞬間
黒の軽は、カラスを轢いて行った。
後続車はもちろん、そんな足元はみえないだろうから
次々にあのカラスの上を、タイヤが行っただろう。
私も運転中で飛び出すわけにもいかず、ただただ
バックミラーに映る残酷な光景を、見送るしかできなかった。

「なんで?なんで?あの黒確かに止まって、見えとったやろ?・・・」
いともあっさり、空き缶のようにつぶされたカラス、
結局何もできなかった、しなかった私。
せっかく温まりに行く道中、心底冷え冷えとした気持ちで
車を走らせた。せめてカラスが苦しまなかったことを願いつつ。

私も、日常たくさんの命を奪って生き長らえてる。
この年までゴキブリや蚊を何匹と殺してきたし、
今だって必要とあらばそうする。
学校の実験に使われた蛙や昆虫、うまく飼えなくて死なせてしまった
小魚や鈴虫。「ごめんね」って思いと一緒に、庭に埋めてお墓を作った。
と殺場に連れて行かれる牛や豚、トロ箱の魚、肉屋の端に積まれた
トサカの山をみて尚、給食や食卓に並ぶ肉魚をおいしいと
ほお張る時は、「仕方ない」ではなく「いただきます」と唱えてから。
ただ、何の理由もなく、もともと存在しなかったかのように
生きているものの命を奪ったことはない。

私が、どうしてもこのまちを好きになれない理由のひとつに、
例えば、こんな「日常」が、ある。
プチマクロ講習 復活
昨年、主催者の事情で中座したプチマクロビ講習だったが
パン講習にきてくださるメンバーから、「どうしてもやってほしい」
とのご要望にお答えして、メンバー限定で自宅開催することに
なりました。ちょー少人数制ではありますが・・。

2時間+試食とお話で、今までで一番伝えたいことが伝わる講習が
できた。やっぱり、人がついてきてくれること、
食という価値観をともにできることは、貴重なことだと思う。

メニューは以下のとおり
・うちの前原田縁米!玄米ご飯
・まるごと根菜味噌汁
・ひじきとかつお菜の常備菜2種
・切干の常備菜1種と自家製お漬物
・マクロビマーボー豆腐
・雑穀米の旬のサラダ+かんたん自家製ドレッシング
・地粉のカップケーキ+マクロビカスタードソース
・三年番茶と国産紅茶

mcro1

危うく撮りそびれるところ、メンバーさんのお食事を
ちょっと拝借して撮影。
(お食事中、ごめんなさいでした。逆さまからとっちゃって。)
どうぞご参照ください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。