真夜中こっそりパンを焼く
あの日からこぼれ落ちた思い・日々を                                            ブログに綴ります。どうぞご覧ください。                                       こば きょうこ
***第2作できました***

「やってごらん#1.recipe&essay」
オールカラー32P冊子/ 600円
(送料別80円/冊)
07.12.10よりお届け開始です☆

ご注文受付窓口へ・      お問合わせもこちらからどうぞ☆

! お振込が遅れる場合は、下記
お問合わせ窓口よりご一報賜り
ますよう、お願い致します。

著書・著者紹介

こば きょうこ

Author:こば きょうこ
「真夜中こっそりパンを焼く
recipe&essay」2006年2月発刊
分は2007年2月をもって完売しま
した。ありがとうございました。

2001年より製パン講師として
"パン工房Bread Basket"主宰。
自宅&出張講習・企画・試作等
承ります。下記お問合せフォーム
よりご連絡ください。
!住所・氏名・お電話を明記して
ください(携帯はご遠慮下さい)。
またメール返信を携帯へご希望の
際は先にドメイン指定を解除して
ください。(こちらの返信を受け
取って頂けない場合があります)

お詫びと訂正

**本をお買上下さった皆様へ**
この度はありがとうございました。 P14-6.で
『180℃で見つめること15分』
という記載が漏れておりました。
ここに訂正しお詫び申し上げます。

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

リンクをご希望の方は、
上記お問い合せフォームより
ご連絡をお願い致します。
このブログをリンクに追加する

カテゴリー

最新の記事

全ての記事を表示する

ブログ内検索

カウンター

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野外でパン作り
昨年になるが、小学校の春休み行事に参加した。
あいにくの雨と寒さで、野外BBQはかなり寒かったが
知らないお子さんや、お母さんたちともふれあえた、
楽しい企画だった。

寒さや泥濘もそっちのけで、元気に遊ぶ子供たち。
座ってしゃべっているだけでは、震えるほど寒い。
子供たちの中にも入ってみる。
こういう遊びの場が、ほんとに少なくなったね。
ごめんね、大人たちのせいで。

毎日何かを探しに、夕暮れまで遊んだ幼い頃を
思い出すと、なんだか申し訳ない気持ちでいっぱい
になる。ほんの20年程前まで、夢とか慰めとか希望の種とか
みんな地面に落ちてたのを、一つ一つ拾って、
私らは大きくなったんだけどな・・。

makimaki

一通り腹ごなしが終わって、野外恒例の「竹巻パン」
のガイドがあった。おお、楽しそう!
パンの生地は作ってあったが、コルネみたいに、
竹にまきまき・炭火でじわーっと焼いていく。
この時の子供達の顔が好きだ。目の中に星が宿る。
(お子さんの表情を公開できないのが残念です)
makimaki2

パン屋さんのみたいに狐色には焼きあがらないけど、
香ばしいかおりが辺り一面を覆い尽くした。
どうだ、このポーズ。自分で作ったものは美味しいよな!
こんな企画を私もやっていきたいと、切に思う。
スポンサーサイト
フォカッチャ
本を出して、しばらく新しいレシピを作ってなかった。
地元のパン講座のメニューも、そろそろ新しいものに
しないといけないかな・・。というわけで作った、
フォカッチャ。
foca

イタリアの調理パンみたいなかんじ。直火の釜で
焼いたもの、という意味で、写真みたいな小さいもの
は本来はフォッカチーナというらしい。
トッピで遊ぶ感覚はピッツアに似ているが、こちらは
パンそのものが主役。決め手はやはり塩とオリーブ
オイルだろう。いいものを使いたい。

かぐわしいオリーブの香りだけを生かしたり、ハーブ
とのアレンジを楽しんだり、もっとこってり系で調理
パン風にアレンジしたり。確かにイタリアンは∞だな。
(もはやイタリアンではなかったりするものも・・)

このメニュー、春先のバザーでもやったが、このバザー、
昨年やった同じメニューが今年はなぜか禁止されたり、
イヤガラセ?と思えるような失礼な対応も被ったが、
「いつもどおりメンバーみんなで楽しく・美味しく」を
忘れずに、ひとつにまとまって作業できた。
主役は役場ではない、私たち参加者なんだから。

売り場に立ってくれた方から、「お子さんが一つ食べて
「ママもう1こ!」と買ってくれたよー。」とうれしそうに
報告がある。これぞ、苦労も報われるってもの。
代表役はじめ、皆様お疲れ様でした。
三日月のクロワッサン
mikaduki.jpg

日曜日の講習にきてくださっている方から
話題になっているというクロワッサンを頂いた。
とても人気で、焼き上がりは行列だと聞いた。
なんだかちょっと恐縮。ありがとうございます。
パン屋めぐりも一休みしている間に、次々に
話題のお店が増殖している。あれよあれよと
いう間に、行きたい店の切抜きばかりが増えて
溜まってしまっている。

クロワッサン専門店だそうで、プレーンの他
紅茶・メープル・よもぎ(あんが入っている)など
種類もたくさんあるようだ。
一つ一つ個包装されていて、これはもう
お土産菓子に近い。大きさも一掴み分。
大事に食べないと・・。うん、バターリッチ!
しっとり系(包装してるからかな)しっかり
クロワッサンってかんじ。1層が厚めで1個が
重たい。お茶菓子のように、紅茶をちゃと
いれて、きちんと頂かないと悪いな、これは。
暖かくなったら早速足をはこんでみよう。
ご馳走様でした♪

三日月屋 薬院店
福岡市中央区薬院伊福町11-1
092-523-6651
http://www.jyomon.com/mikadukiya
スコーン
今月はスコーン。
本の反響でも2番人気のメニューになった。
(一番はこうちゃ、ベーグルも人気者でした。)
簡単だから。忙しくてもできる。失敗しない。
3拍子そろっててトップバッターだったから、
さもありなん。

はじめはケンタ・スタバ・・といろんなレシピを
試してみたけど、商業用はやっぱ甘すぎて膨らし
すぎる。もっともっと違うんだ…、とイメージとの
擦り合せに苦心した。シンプルなだけに、難しい。
sucon

コツは冷やす・ささっと・素材重視。
粉もバターも砂糖も塩も、すべて「いいもの」を
使ってください。ノーテクだから味はそれで決まる。
ベーキングパウダーをタンサンに代えると、味が
和菓子風に変わるんだ。面白い。いづれも添加物、
体に負担が少ないように、極力抑えた配合にした。

紅茶におから、キャロブ、ナッツ、小豆。いろいろ
アレンジして、3月のご挨拶に配って回った。
忙しい春でも、手作りで心を伝えることはできる。
溜まっていたパンたち(酵母編)
ブログを再開して、まずやらなきゃと思っていた
「こばさん、毎日どんなパン焼いてるの?」って
質問にお答えして・・
作るたびに画像に撮ってはおくものの、溜まる一方
の浮かばれなかったパンたちを、一気に!だと
きついので、徐々に公開しますのでご覧ください。

<酵母編>
まず昨年一番ワイルドだった雑穀豆大噴火パン。
阿蘇山もびっくりって感じで。噛み付かれそう…。
Kzk


真夜中にやいたかぼちゃ食パン。父のかぼちゃは
パンにも変身。生の野菜を練りこむパンは水分調整が
微妙だ。見かけよりブンと重い。
Kps


くるみのカンパーニュ。酵母のパンに最高の組み合わせ。
Kwnuts


拾い栗のカンパーニュ。豊かな前原の自然の恵みを頂き。
秋は似たようなものが続く。
Kkuri


ブログ初頭もにご紹介した、フィグのカンパーニュ。
こうして天高く私も肥ゆる秋。(昨年はいつまでも暖かい秋だった。)
Kfig


イングリッシュマフィン。リフレッシュしたての種を
使うと、こういうシンプルなパンはホント酵母のうまみを
前面に出してくれる。
Kem


むかーし焼いた食パン。あの頃は高さにこだわった・・。
今は見てくれより味が大事。
">Ksyoku


キャロブのカンパーニュ。息子はココアパン!と喜んだ。
(ある意味見た目勝負ね)
Kkyorob


酵母のプチ。息子の同級生の女の子が好んで下さってる。
うれしいなあ!しっかり噛んで味わってね。
Kputi


十穀米のカンパーニュ。ぱっと見キャロブと似てしまったが
味は似て異なるもの。米の甘味がいいね、いいね!
Kz


以前ご紹介した、焼酎酵母パン。今は焼酎の種が切れて
幻のパンとなる。うえーん・・。
Ksyotyu


そして今お気に入りの手絞り豆乳とおからの食パン。
カリフラワースープでもご紹介した、毎月講習の度に
届けてくださる超贅沢な素材を使わせていただいた。
Mさん、ありがとうございます!
Kokara


最後に酵母いろいろ。はー、並べてみたらわりと沢山
作ってんのね、私。やっぱパンキチだ。
(食欲に負けて撮らなかったパン達を思い浮かべつつ・・)
Kiroiro


CUOCAをお訪ね
昨年OPENしてから、どんな品揃えだろう、
行きたいなーとずっと思っていた。
なかなか場所を確認できず、すぐに見つかる
だろうとたかをくくってて(何のための
ネットなんだか、事前に検索もせずに
相変わらずハナで探そうとする・・)
結局現地で聞きながら、1度は時間切れで
あきらめた。

今泉の裏通りにイルムスやレストランと併設して
すてきなゾーンができていた。ある意味、これは
わからんかもよ。ここに食材屋があるとは思わん
でしょ、初めての人は。どこのお金持ちの玄関か?
と思ったりして・・。

子供が遊べそうな中庭なんかもあって、手作りが
好きそうな人が絶えず出入りしていた。
粉の種類はなるほど、外麦から国産まで幅広い。
蛋白や灰分の%も明記されてるから、選びやすい。
ただやっぱ、安くはない。
それでも国産のものが品薄に並んでいるのが、
今を物語っててなんだかほっとする。来る客も
選球眼が肥えた人たちが多いだろうし。
(残念ながらオーガニック・無農薬っていうのは
ないが)

一通り見て回って、最初から気になっていた
入り口のショコラルームをのぞく。
寒い、すぐに手が氷のように冷たくなる。
昨年食材の展示会に行ったとき、あの戦争のせい
でオリーブとカカオが高騰すると聞いた。
オリーブオイルはまもなく小売で500円/L近く
値上がりした。ったく戦争なんか、なんでする?
(でも日本も賛成したんだよね、なんでだよ?私絶対
反対だったのに。この国でこの声どうすれば届くの?)
カカオもきっと仕入れに四苦八苦されてるだろう。
やり放題に壊したもの、消し去ったもの、いったい
どうやって元にもどしてくれるんだよ?

面白い品物を見つけた。これはCUOCAならではじゃないか。
各社のオリジナルを、カカオの含有%ごとに8個並べて
ある。1つホワイトチョコもある<=これは息子行き。
同じ%で各社を食べ比べってのが本来かもしれないが、
ま、いろいろ食べられる贅沢が味わえるんだから、いい。
遅ればせながら、自分にホワイトデー♪とか言い訳して
ひとつ買ってみる。2007レポートなんてのも付いてくる。
cuoca

ダーク系が好きなので、50%以上のものをかじってみた。
おいしいと思ったのは、66%ペックのアメールオールと
72%ヴァローナのアラグアニ。口溶けが抜群にちがう。
こういうのをいただけると、4gのプレートで充分満足感
が得られるもんね。安物をバクバク食べるよりもずっと
体にもいいんでない?
http://choco.cuoca.com
昔は貴重な薬として扱われていたチョコレート。もうやめて
1年以上経ち、量こそ食べなくなったが、この一口の誘惑には
抗いがたい。どうぞ食べすぎ食べさせすぎにはご用心を。
チョコでは絶対やせませんから。

クリスマスに行ったHTBのチョコレートの滝を思い出す。
実はあれ、味はない。(ごめんなさい!「さわるべからず」
と、チョコレートの滝の横に書いてあった。息子が
"チャーリーとチョコレート工場"を見て「あんなんない
よね?」というので、「あるよ」と連れてったのだ。
夢は大事にしたい。)また今年も行こうな。



ありがとうございました。
hon1

2月末をもちまして、「真夜中こっそりパンを焼く」が
発行分全て完売となりました。
お買い上げくださった皆様、今も傍に置いてかわいがって
下さっている皆様、作ったパンの感想やエッセイの感想を
お寄せくださった皆様、本当に本当にありがとうございます。
また、3月になってご注文くださった方々で「傷があっても
大丈夫です」とお買い上げくださった皆様。心苦しい限りです
が、いつまでも大切してくださるだろう方々に、この本と思い
がお届けできたことを、心から幸せに感じております。
本を作ってよかったと、今心から思います。
ありがとうございます。

また、このような機会を賜り、本製作・販売に関わって
くださった皆様に、改めて心よりお礼申し上げます。

これからも、ブログや講習、その他様々な機会で皆様との
ご縁を大切にできれば、とってもシアワセです。

以上をもちまして、本のご注文は締め切らせていただきます。
お届けできなかった皆様、大変申し訳ございませんでした。
koharubiyori


うれしい読者
自宅講習に参加されているメンバーの方から
「本をもう1冊購入したいのですが・・」とのお話が
あったのだが、今手元にあるのは、書店から返品された
キズ本数冊だけ。すると、それでもよろしいから、と。
ホントのご注文主は6歳のお子さんだった。
お母さんの本(表紙にお名前を書かれている。)を
見ては「これ自分のがほしいー!」とせがまれ続けている、
とな。自分専用のがほしいと。

思いを本にまとめたいと、心が決まってから
出版社に宛てる企画書を書いてた時は、
テーマだのターゲットだの、とても狭く(私とほぼ同じよな)
対象を決めて本を作ったのに、いまや本が一人でに
全国を歩いて、こんな小さな子のところにも
思いが届いている。

その子の夢は「いつかレストランを持つ」ことなんだって。
すごいな!じゃ、私はそこで自分のパンを焼いてもらう
ことを今日から夢にしよう…
そんな手紙を添えて、来週お渡しすることにした。
喜んでくれれば嬉しいな。
この本が、大切にしてくださる方々のそばに置かれて
パンと思いを届けている、なんちゅうシアワセ。
皆様、本当にありがとうございます。

honkizu

それにしても、書店から帰ってきたこの本、
最初見たときには、さすがに痛々しくて顔が曇ったが
「市場に並べる」ということは「こういうこと」だ、と
身に染みて思った。図書館でも本たちがひどい扱いを
うけているんだってな・・。
この本たちは、私が棺おけまでちゃんと持っていこう。
全国を飛び回ってくれた、私の分身だし。
(!、すごいぞ、これって多重影分身?!)
究極の質問
kone

「よく、料理やお菓子作りのコツは『愛情込めて』とかって
言われますが、愛情ってどうやって込めればいいんですか?」
・・・無記名のこの質問に、しばし金縛り状態。
(ええっと、まず、こう一点に集中してチャクラを練り上げ・・
っじゃなくてさ、・・これ書いたの、サイ?
        :サイ=ナルトの登場人物です)
・・・究極の質問だ、これは。

そうだよね、味も形もハッキリしてない「もの」を
いつどこで何gいれればいいか、なんて
どんなすごい本にもレシピにも書いてないもんね。

いろんな「もの」を作ってみてわかったこと、
私の場合、殆どはパンが教えてくれた。
とりあえず、誰かのために作ってみて、
まあ、どうもうまく作れなくて、ガクっとくる。
(うまくできたら万歳三唱。)
その時、その裏にある気持ちを突き詰めてみたら
どっちに転んでも、根本は同じ、
「自分が作ったおいしいものを、食べてもらいたい。
そして心も体も満たされてほしい。」

この気持ちが上手く一枚に乗っかって、差し出した人の
心に届いたとき、初めて相手に喜んでもらえて、
「気持ちがこもってるよ」って感じてもらえる。
お互いが認め合えたその時、同じように自分にも
至福の喜びが押し寄せて、幸せな空間が広がって・・・、
だから作るの、やめられなくなるんだと思う、多分。
心身ともにフル回転させて、作り続けてるうちに
こだわりが生まれ、技が磨かれる。
それが積み重なって、やがて本物のオリジナルが
できあがっていくんだろうな、自分が這った跡に。

言葉や思いと同じで、100%まんまを伝えるのは
とても、とても、それは簡単ではないんだけど、
まずはやってみなきゃ、始まらない。始まらなかった。
・・そうホイホイ作れるものでもないんですがね、これが。
(なんせ、チャクラが・・・、ってしつこいか☆)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。